在外韓国人科学者との共同研究開発拡大へ=韓国

wowKoreaトップ
wowKorea韓国一般ニュース
在外韓国人科学者との共同研究開発拡大へ=韓国
 【ソウル聯合ニュース】韓国で在外韓国人科学技術者の研究・開発(R&D)参加を拡大する取り組みが始まった。

 知識経済部のR&D事業を扱う韓国産業技術評価管理院(KEIT)は31日、今年「産業融合源泉(根幹)技術の開発事業」を新規課題に定め、在外韓国人の科学技術者を対象に国内での共同R&Dの需要を調査した結果、87人から126件の参加意向を確認したと明らかにした。

 IT(情報技術)融合とナノ融合がそれぞれ18件で単一分野としては最多となった。半導体が15件、ソフトウエアと移動通信がそれぞれ12件、ホームネットワークが11件だった。

 国別では米国が108件で圧倒的に多く、英国が9件、ドイツ、日本、カナダがそれぞれ2件だった。

 機関別では大学が95件、企業が23件、研究所が8件だった。

 KEITによると在米韓人科学技術者協会5000人、韓国生産技術研究院米国事務所1000人、韓国科学技術情報研究院韓民族科学技術者ネットワーク2200人を対象に需要を調査した。今後、連係システムを通じて海外基盤が弱い韓国の中小、中堅企業との共同研究を支援する計画。

2012/01/31 11:54配信  Copyright 2012(C)YONHAPNEWS. All rights reserved.


この記事が気に入ったら



コメント数ランキング


韓国ドラマ・韓流ドラマ、韓国芸能情報のワウコリア
Copyright(C) 2004- 2019AISE Inc. All Rights Reserved. 

%>