北朝鮮の食糧配給量 昨年10月から増加

wowKoreaトップ
wowKorea韓国一般ニュース
北朝鮮の食糧配給量 昨年10月から増加
 【ソウル聯合ニュース】北朝鮮当局が住民に配給する食糧の量が昨年10月以降、少しずつ増え続けている。

 先ごろ北朝鮮を訪問した韓国の民間団体関係者は29日、「世界食糧計画(WFP)北朝鮮事務所の関係者から、今月の北朝鮮住民1人当たりの食糧配給量が395グラムで先月より増えたという話を聞いた」と明らかにした。

 WFPによると、北朝鮮住民1人当たりの配給量は、昨年4月の400グラムから5月は190グラム、6月は150グラムに減った。その後200グラムを維持したが、10月に355グラムとなり、12月まで毎月10グラムずつ増加した。

 配給量が増加したのは昨年秋の穀物の収穫量が前年に比べ30~40万トン増加したためとみられる。

 北朝鮮は昨年、中国から大量の肥料を輸入し、穀物の収穫量増大に向け努力を傾けたという。北朝鮮はWFPに提出した資料の中で、秋の穀物収穫が配給量増加につながったと説明した。また、穀物収穫後も食糧の輸入を続けた。
2012/01/29 13:04配信  Copyright 2012(C)YONHAPNEWS. All rights reserved. 最終更新:2012/01/29 15:44


この記事が気に入ったら



コメント数ランキング


韓国ドラマ・韓流ドラマ、韓国芸能情報のワウコリア
Copyright(C) 2004- 2019AISE Inc. All Rights Reserved. 

%>