中国も南北対話優先と理解、韓国政府当局者

wowKoreaトップ
wowKorea韓国一般ニュース
中国も南北対話優先と理解、韓国政府当局者
 【ソウル聯合ニュース】政府当局者は29日、北朝鮮核問題をめぐる6カ国協議の再開と関連し、中国は同協議の再開には環境づくりが必要で、南北対話が優先されるべきだということをよく理解していると考えていると述べた。

 中国外務省の洪磊副報道局長が28日に、並行関係にある2者・多者対話を進めながら早期に6カ国協議を再開すべきだとする論評を出したことについて、見解を示したもの。中国は6カ国協議の早期再開を望んでおり、これまでにもそうした立場を表明してきたと説明。今回の中国の発表に新しい内容はないと強調した。

 こうした言及は、中国の発表が、韓国政府が進めてきた南北対話から米朝協議を経て6カ国協議を再開するいわゆる「3段階案」のプロセスを放棄し2者・多者対話を並行する方向に戦略を修正したと解釈される可能性を警戒したものと受け止められる。

 外交筋によると、中国外務省は4月28日の報道官会見で、2者対話と多者対話は補充、協力しあい相互に促進することが可能で、並行しても衝突することなく進めていくことができるとの見方を示した。

 また、今月1日の会見では、関係各側が引き続き緊密な接触と対話を維持し並行しても互いに衝突しないよう、2者および多者対話を進め、6カ国協議プロセスを再開し、朝鮮半島平和と安定の大枠を共同で守り、朝鮮半島非核化を進めていくべきだと述べている。

2011/06/29 16:51配信  Copyright 2011(C)YONHAPNEWS. All rights reserved.


この記事が気に入ったら



コメント数ランキング


韓国ドラマ・韓流ドラマ、韓国芸能情報のワウコリア
Copyright(C) 2004- 2020AISE Inc. All Rights Reserved.