韓国製造業の5月景況感が悪化、震災前の水準に

wowKoreaトップ
wowKorea韓国一般ニュース
韓国製造業の5月景況感が悪化、震災前の水準に
 【ソウル31日聯合ニュース】韓国銀行が31日に発表した5月の製造業の景況判断指数(BSI)は前月比4ポイント下落の94で、3か月ぶりの下落となった。東日本大震災の影響による韓国企業の反射利益が消滅し、元の水準に戻ったとみられる。

 BSIは100を上回ると、景気を良いとみる企業が悪いとみる企業より多いことを意味し、100未満はその逆となる。

 製造業のBSIは2か月連続で5ポイント上昇して4月は98となり、昨年8月以降の高水準を記録していた。

 5月のBSIは大企業と輸出企業の下落が目立つ。大企業のBSIは106から98に、輸出企業は101から94に落ち込んだ。

 韓国銀行関係者は東日本大震災の直後だった4月は大企業と輸出企業を中心に景況感が改善したが、徐々に震災による利益がなくなり、震災前の水準に回復したと説明した。来月のBSIの見通しは97だった。

 5月の非製造業のBSIは前月比1ポイント上昇の86となった。

 経営上の問題点としては、製造業は原材料の価格高騰やウォン高、内需縮小、非製造業は内需縮小や競争激化、不透明な経済状況を挙げた。

 同調査は17~24日、全国2774社を対象に実施し、製造業1587社と非製造業885社から回答を得た。

2011/05/31 10:59配信  Copyright 2011(C)YONHAPNEWS. All rights reserved.


この記事が気に入ったら



コメント数ランキング


韓国ドラマ・韓流ドラマ、韓国芸能情報のワウコリア
Copyright(C) 2004- 2020AISE Inc. All Rights Reserved.