<インタビュー>G20上院議長会議ソウル開催を控えた韓国国会議長

wowKoreaトップ
wowKorea韓国一般ニュース
<インタビュー>G20上院議長会議ソウル開催を控えた韓国国会議長
<インタビュー>G20上院議長会議ソウル開催を控えた韓国国会議長

聯合ニュースのインタビューに応じる朴ヒ太議長=15日、ソウル(聯合ニュース)

 【ソウル15日聯合ニュース】韓国の朴ヒ太(パク・ヒテ)国会議長は18日にソウルで開する20カ国・地域(G20)上院議長会議を前に聯合ニュースのインタビューに応じ、「韓国が世界に進出する歴史的な機会をつくりたい」と意欲を示した。

 朴議長は「安全な世界、より良い未来」という会議のスローガンのように、世界の安全に向けた多角的な取り組みへの合意を導き出し、共同宣言として発表する考えを明らかにした。以下は一問一答。

――G20上院議長会議の性格は。

「G20上院議長会議はG20構成国・地域議会の指導者と主な国際機関の代表が出席するフォーラムで、国際的な懸案について議会レベルの解決策を模索する会議といえる。また、G20首脳会合で議論した事項を各国の議会で立法や決議を通じ後押しすることで、G20首脳会合の充実化を図る役割もする」

――会議の主要議題は。

「世界平和と反テロに向けた議会間の協力、先進国の開発経験の共有を通じた開発途上国の発展戦略、金融危機後の世界のバランスの取れた成長に向けた国際協力と議会の役割などについて話し合う予定だ。特に、世界平和に関しては特別セッションとして集中的に議論する考えだ」

――ソウルで開催されることになった背景は。

「カナダ・オタワで昨年開かれた初のG20上院議長会議で、各国の代表者が次回会議はソウルで開催することを満場一致で決めた。昨年、ソウルでG20首脳会合が行われたのも大きな影響を与えたとみられる」

――ソウルで開かれたG20首脳会合と今回のG20上院議長会議の関係は。

「先進国と開発途上国の橋渡し役や途上国の開発関連の議題を主導したソウルG20首脳会合の成果を踏まえ、先進国の開発経験の共有を通じた途上国の発展戦略を議題に決めた。ただ、今回は世界平和と反テロ、原子力発電所の安全性問題なども議論し、上院議長会議の独自性も出す予定だ」

――会議を通じ、韓国を発信するための準備は。

「世界に韓国を発信するするためには、何よりも会議が格調高く行われ、成果を出すことが重要だ。特に、韓流ブームを広げるため、韓国の伝統家屋で韓国料理を紹介し、伝統芸能公演などを披露する計画だ。また、現代と伝統が共存するソウルの美しさを体験できる文化視察や出席者の配偶者向けのプログラムも準備している」

――会議の目標の一つがG20上院議長会議の定例化だが。

「G20首脳会合での合意や精神だけでは、各国が目指す合意点を実現するのは難しい。合意事項を実践するためには、各国議会で法制化し、政策で制度化する努力が必要だ。このことから、各国の国会議長に対し、上院議長会議の定期開催の必要性を明確に認識させることが求められる。上院議長会議が定例化すれば、国際的な懸案を話し合う重要な会議として位置付けられると思う」

――今回の会議で国会議長として実現したいことは。

「韓国は世界に飛躍する大進出の時代を迎えている。国会が先頭に立ち、従来の道を広げ、開拓していない新しい道を切り開き、韓国がさらに世界に進出する歴史的な機会をつくりたい」

2011/05/15 11:02配信  Copyright 2011(C)YONHAPNEWS. All rights reserved. 最終更新:2011/05/15 11:51


この記事が気に入ったら



コメント数ランキング


韓国ドラマ・韓流ドラマ、韓国芸能情報のワウコリア
Copyright(C) 2004- 2020AISE Inc. All Rights Reserved.