外国人韓国語力スピーチ大会開催、ことし14回目

wowKoreaトップ
wowKorea韓国一般ニュース
外国人韓国語力スピーチ大会開催、ことし14回目
 【ソウル13日聯合ニュース】韓国内に住む外国人が韓国語力を競う、「第14回世界外国人韓国語スピーチ大会」が13日、ソウルの慶熙大学で開催された。

 聯合ニュースと同大学国際教育院の共催で、ことしは韓国を代表するブランドに成長した韓国料理をさらに広め、外国人が経験し感じた韓国文化について語り合う場を提供するという趣旨で、「わたしが好きな韓国料理」「韓国文化体験」をテーマに、50分の1の競争率を突破し本選出場を果たした21人が参加した。

 参加者らは、ビビンバ、テンジャンチゲ(韓国味噌のチゲ)、純豆腐、キムチ、タッカルビ(鶏肉の唐辛子味噌炒め)、パジョン(ネギのチヂミ)など各種韓国料理、沐浴湯(銭湯)、スポーツのパブリック・ビューなど韓国文化に接して感じたことなどを、好奇心と愛情を込めた言葉で語った。

 国際教育院の金仲燮(キム・ジュンソプ)院長は、この大会は「外国人の韓国語力競争の場ではなく、世界との出会いの懸け橋、対話の場だ」とし、韓国文化について率直に語り共感することができればと述べた。

 聯合ニュースの朴ジョン讃(パク・ジョンチャン)社長は、「14回目を迎えた今大会は参加者が1000人を超え、年々規模が拡大している。韓国語を媒介に、文化と価値観が異なる世界の人々が一つになり、韓国語という言語が世界に広がっていることを示している」と評価した。

2011/05/13 16:00配信  Copyright 2011(C)YONHAPNEWS. All rights reserved. 最終更新:2011/05/13 16:12


この記事が気に入ったら



コメント数ランキング


韓国ドラマ・韓流ドラマ、韓国芸能情報のワウコリア
Copyright(C) 2004- 2020AISE Inc. All Rights Reserved.