北朝鮮、6カ国協議での濃縮ウラン議論に反対せず

韓国ドラマ・韓流ドラマのWoWKoreaトップ
韓国ドラマ・韓流ドラマのWoWKorea韓国一般ニュース
このエントリーをはてなブックマークに追加
北朝鮮、6カ国協議での濃縮ウラン議論に反対せず
 【ソウル15日聯合ニュース】北朝鮮の外務省は15日、中断している6カ国協議について、同協議でウラン濃縮計画(UEP)問題を議論することに反対しない立場を表明した。朝鮮中央通信が明らかにした。

 北朝鮮の外務省報道官は同日、朝鮮中央通信の記者に対し、訪朝していたボロダフキン・ロシア外務次官との会談内容を明らかにした。この会談の中で、ロシア側に「北朝鮮はいかなる前提条件なしに6カ国協議に参加し、そこでウラン濃縮計画(UEP)問題が議論されても反対しない」と伝えたという。

 今回の北朝鮮の立場の変化は、韓米両政府がウラン問題を国連の安全保障理事会で取り上げようとしていることを意識したものと見られる。

 会談でロシア側は、北朝鮮が核実験や弾道ミサイルの一時中断やウラン濃縮施設の視察受け入れのほか、ウラン問題を6カ国協議で建設的に話し合うことなどを提案したという。

 これに対し、北朝鮮は6カ国協議が再開された場合、同時行動原則に従うと表明。朝鮮半島の非核化を実現するために2005年9月の6カ国協議共同声明の履行プロセス内で、問題を議論・解決することが可能だとの立場を表明したという。

 今回の北朝鮮とロシアの会談では韓国と北朝鮮、ロシアの3国による経済協力事案も話し合われたという。

sarangni@yna.co.kr
2011年3月15日13時5分配信 (C)WoW!Korea

この記事が気に入ったら


韓国ドラマ・韓流ドラマ、韓国芸能情報のワウコリア
Copyright(C) 2004- 2018AISE Inc. All Rights Reserved.