北朝鮮の穀物生産、ことしは前年比10万トン減

韓国ドラマ・韓流ドラマのWoWKoreaトップ
韓国ドラマ・韓流ドラマのWoWKorea韓国一般ニュース
北朝鮮の穀物生産、ことしは前年比10万トン減
 【ソウル11日聯合ニュース】ことしの北朝鮮の穀物生産量は、肥料不足、寒波、口蹄疫(こうていえき)による被害などの影響で昨年より減少するとの見通しが出た。

 北朝鮮の農業に詳しい韓国農村経済研究院のクォン・テジン副院長は11日、北朝鮮は国際社会からの支援減少と外貨不足の中、穀物価格の急騰、中国政府の肥料輸出規制、寒波、口蹄疫などの複合的な要因により、食糧事情がことしはさらに悪化すると予想した。

 北朝鮮が先月、48か所の家畜1万頭が口蹄疫に感染したと国際獣疫事務局(OIE)に報告書を提出してから正確な被害状況を明らかにしていないため、作況を予想するのは難しいが、北朝鮮の穀物生産量は昨年より10万トン少ない400万トンにとどまると推定した。

 昨年の穀物輸入量(31万トン)と国際社会からの支援(30万トン)を維持するとしても、ことしの必要量(535万トンと推定)より約80万トン足りない。作況の集計に含まれない生産量(25万~30万トン)までを含めても約50万トンが不足するという計算になる。

 これに加え、中国が安定的な国内供給に向け肥料の需要が高まる時期に輸出税を賦課する政策を取り、北朝鮮の1月の中国産肥料輸入量は152トンと、前月(3300トン)に比べ減少し、前年同月(1万7000トン)の1%にすぎないという。北朝鮮の年間肥料生産能力は、必要量(58万トン)の10~20%にとどまっている。

 また、昨年の記録的な寒波で、昨年秋に植えた大麦と小麦の50~70%が枯れ、ことしの二毛作にも支障が出ると予想されている。

2011年3月11日12時5分配信 (C)WoW!Korea


この記事が気に入ったら

コメント数ランキング


韓国ドラマ・韓流ドラマ、韓国芸能情報のワウコリア
Copyright(C) 2004- 2019AISE Inc. All Rights Reserved.