K11複合型小銃を11月にも戦力化、防衛事業庁

wowKoreaトップ
wowKorea韓国一般ニュース
K11複合型小銃を11月にも戦力化、防衛事業庁
【ソウル7日聯合ニュース】防衛事業庁関係者は7日、純粋な国内技術で開発されたK11複合型小銃の欠陥について、不具合の大部分を技術の変更と工程改善で解消し、11月ごろに戦力化する計画だと明らかにした。昨年末に普及されたK11複合型小銃39丁のうち15丁で不具合が見つかり、防衛事業庁と国防科学研究所が補完作業を行ってきた。量産体制への移行の過程で不具合を解消できたという。

 このほか、アフガニスタンで韓国の地方復興チーム(PRT)保護任務に就いている韓国軍「アセナ」(Ashena)部隊に普及されたK11複合型小銃20丁のうち7丁で新たに射撃統制装置の不具合が見つかったが、現在、補完作業を進めているという。

 この関係者は「銃を発射したときの衝撃と振動が非常に大きいため射撃統制装置に問題が発生した」とし、6月までに同装置の形状を変更し、7~10月に検証を行い、11月ごろから戦力化する計画だと説明した。

 K11複合型小銃は2018年までに4485億ウォン(約330億7500万円)を投入して大量生産を行い、各部隊に普及する計画だ。現在、7部隊に39丁だけが普及されている。

2011/03/07 11:05配信  Copyright 2011(C)YONHAPNEWS. All rights reserved. 最終更新:2011/03/07 13:07


この記事が気に入ったら


コメント数ランキング

おすすめ情報
SE7EN、 5年ぶり待望の最新作!移籍第一弾EP「RIDE」 11月9日(水)=誕生日にリリース決定!!

「2年ぶりにお会いできて初公演で涙」KEVIN(元U-KISS)来日イベント「KEVIN’S COMEBACK LIVE in JAPAN 2022 ”TIME”」東京にて開催中!インタビューが到着!

韓国映画界のトップスターチョン・ウソン主演!日本未公開の幻の主演作『ビート』がJAIHOでプレミア配信開始!

韓国のポップバンド「GOTCHA !」、4thシングル「DOMANGA」を1/5(水)より全世界リリース!

RM(BTS)が投稿するやたちまち完売となった話題書がついに邦訳!身近なものごとの「うしろ姿」を見つめ思考した、現代美術家による韓国エッセイ『それぞれのうしろ姿』


韓国ドラマ・韓流ドラマ、韓国芸能情報のワウコリア
Copyright(C) 2004-2023 AISE, INC., ALL Rights Reserved.
当サイトの内容、テキスト、画像等の無断転載・無断使用を固く禁じます。また、まとめサイト等への引用を厳禁いたします。