統一部長官「北朝鮮は既存の立場を崩していない」

韓国ドラマ・韓流ドラマのWoWKoreaトップ
韓国ドラマ・韓流ドラマのWoWKorea韓国一般ニュース
このエントリーをはてなブックマークに追加
統一部長官「北朝鮮は既存の立場を崩していない」
 【ソウル28日聯合ニュース】統一部の玄仁沢(ヒョン・インテク)長官は28日、「今、南北関係は非常に厳しい」とし、北朝鮮は対話を行うべきだと主張しているが、結局、既存の立場を崩していないとの見解を示した。ハンナラ党が「新たな統一政策パラダイムと接近方法」をテーマに開催した公聴会に出席し、述べたもの。

 玄長官は祝辞で、「北朝鮮は韓国海軍哨戒艦沈没事件が韓米の特大型謀略劇であり、延坪島砲撃は韓国側の責任だと強弁し、南北軍事実務会談を決裂させた。再び険悪な脅威を与えている」と述べた。北朝鮮の態度に変化がない限り、南北関係の進展は非常に難しいとの見方を示した。

 南北統一の準備と関連しては、「重要なことは、統一案をめぐる消耗的な論争ではなく、具体的で実質的な統一の準備だ」と述べた。

2011年2月28日20時4分配信 (C)WoW!Korea

この記事が気に入ったら


韓国ドラマ・韓流ドラマ、韓国芸能情報のワウコリア
Copyright(C) 2004- 2018AISE Inc. All Rights Reserved.