差し替え:李大統領が内閣改造実施、6閣僚が交代

韓国ドラマ・韓流ドラマのWoWKoreaトップ
韓国ドラマ・韓流ドラマのWoWKorea韓国一般ニュース
差し替え:李大統領が内閣改造実施、6閣僚が交代
差し替え:李大統領が内閣改造実施、6閣僚が交代
左から鄭東基、鄭柄国、崔重卿、金東洙、金錫東、金英蘭氏=(聯合ニュース)
【ソウル31日聯合ニュース】李明博(イ・ミョンバク)大統領は31日、空席だった監査院長に鄭東基(チョン・ドンギ)元大統領室民政首席秘書官、文化観光体育部長官に鄭柄国(チョン・ビョングク)国会文化体育観光放送通信委員長を内定するなど、長官級6人と次官級2人を交代する内閣改造と、青瓦台(大統領府)秘書官人事を断行した。
 知識経済部長官には崔重卿(チェ・ジュンギョン)大統領室経済首席、公正取引委員会委員長には金東洙(キム・ドンス)韓国輸出入銀行頭取、金融委員長には金錫東(キム・ソクドン)元企画財政部1次官、国民権益委員長には金英蘭(キム・ヨンラン)元大法官(最高裁判事に相当)が内定した。
 また、次官級では公正取引委員会副委員長に鄭在燦(チョン・ジェチャン)公正委常任委員、国民権益委副委員長にはハンナラ党全羅南道知事候補だったキム・デシク氏が選ばれた。
 青瓦台の洪相杓(ホン・サンピョ)弘報(公報)首席秘書官は会見を行い、監査委員長に内定した鄭東基氏について「検事長だった当時、企業経営革新技法を検察に初めて導入し、民政首席秘書官として改革性と推進力を認められ、国家紀綱の中核機関長としてそん色がないと判断した」と説明した。
 また、文化観光体育部長官に内定した鄭柄国氏は、文化、広報、メディア政策の専門性に卓越し、文化体育観光の行政を創意的に先進化していく適任者だと評価した。
 知識経済部長官に内定した崔重卿氏については、経済政策と実体経済、国際経済分野を網羅した専門性を備えており、対外経済協力拡大や国内産業支援の業務に適していると判断したと述べた。
 大統領室の人事では、新設された国家危機管理室長に安光チャン(アン・グァンチャン)元国家非常企画委員長、国際経済補佐官に李鍾和(イ・ジョンファ)高麗大学経済学科教授、総務秘書官にシン・ハクス氏(李大統領のソウル市長候補時代の総務チーム長)、統一秘書官に金暎浩(キム・ヨンホ)誠信女性大学教授、情報分析秘書官にユ・ヒョングク元韓米連合司令部情報参謀部長、危機管理秘書官にキム・ジンヒョン大統領室国家危機管理センター長が抜てきされた。
 また、非常勤特別補佐官としては、社会特別補佐官に朴亨ジュン(パク・ヒョンジュン)元大統領室政務首席秘書官、地方行政特別補佐官に金振ソン(キム・ジンソン)前江原道知事、言論特別補佐官に李東官(イ・ドングァン)元弘報首席秘書官、女性特別補佐官に金栄順(キム・ヨンスン)元松坡区庁長が内定した。そのほか、地方行政特別委員長に姜賢旭(カン・ヒョンウク)朝鮮大学(韓国・光州)理事長が選任された。
csi@yna.co.kr
2010年12月31日13時1分配信 (C)WoW!Korea


この記事が気に入ったら


韓国ドラマ・韓流ドラマ、韓国芸能情報のワウコリア
Copyright(C) 2004- 2018AISE Inc. All Rights Reserved.