ポスコ鉄鋼製造用素材生産へ、カザフ企業と合弁設立

韓国ドラマ・韓流ドラマのWoWKoreaトップ
韓国ドラマ・韓流ドラマのWoWKorea韓国一般ニュース
ポスコ鉄鋼製造用素材生産へ、カザフ企業と合弁設立
【ソウル21日聯合ニュース】ポスコが鉄鋼製造に用いられる鉄シリコンアルミニウム合金(センダスト)の生産に乗り出す。

 同社は21日、グループ系列の三井P&Aとカザフスタンの資源開発会社Zamanがカザフ北東部のエキバストスに年産4万5000トン規模のセンダスト生産合弁会社を設立する合意覚書(MOA)を締結したと発表した。出資比率は三井P&Aが60%、Zamanが40%。

 センダストは鉄鋼製造の工程で溶銑に残った酸素を取り除く脱酸素剤として最も多く使われるほか、溶銑の温度を上げる昇熱剤やマグネシウム製造で酸素を取り除く還元剤としても用いられる。

 合弁会社は来年初めに着工し、2012年の商業生産を目指す。長期的には生産規模を年産40万トンまで拡大する計画だ。

 ポスコ関係者は、中国に全量を依存するセンダストの安定的で経済的な供給源が確保することになると評価した。8月末に買収した大手商社・大宇インターナショナルを通じ、中国や欧州市場への輸出も検討している。

 ポスコは今後、カザフスタン以外の独立国家共同体(CIS)地域でも、資源を活用した各種素材開発事業に積極的に取り組む方針だ。

2010/10/21 14:02配信  (C)WoW!Korea 最終更新:2010/10/21 14:38


この記事が気に入ったら



コメント数ランキング

K-POP週間ランキング


韓国ドラマ・韓流ドラマ、韓国芸能情報のワウコリア
Copyright(C) 2004- 2019AISE Inc. All Rights Reserved.