大企業景況感の改善続く、全経連BSI調査

韓国ドラマ・韓流ドラマのWoWKoreaトップ
韓国ドラマ・韓流ドラマのWoWKorea韓国一般ニュース
大企業景況感の改善続く、全経連BSI調査
【ソウル28日聯合ニュース】全国経済人連合会(全経連)が28日に明らかにしたところによると、売上高ベース上位企業600社の10月のBSIは113.1で、14か月連続で基準値100を上回った。オバマ米大統領が景気浮揚に向けた新たな政策を発表したことなどにより、米景気のニ番底への懸念が弱まったほか、韓国経済も緩やかな回復傾向をたどると予測されるためだと分析された。

 BSIは100を基準とし、これを上回ると景気を肯定的に見ている企業がそうでない企業より多いことを示し、100を下回るとその反対となる。

 部門別のBSI見通しは、内需(114.9)と輸出(111.1)いずれも100を上回り、好調だった。雇用(103.0)も1か月ぶりに改善した。

 業種別では、運送業(121.2)が14か月連続で、電子・通信装置(120.6)が10か月連続で100を超えた。製造業(113.1)とサービス業(113.1)も好調を維持した。ただ、飲食料品は前月の120.6から87.5に急落し、秋夕(中秋節、22日)以降、厳しい不振に陥ると懸念された。建設業(89.8)は不動産市場の低迷で6か月連続で100を下回った。

 一方、9月のBSI実績は104.1で、前月(98.6)より大きく改善した。

2010年9月28日20時1分配信 (C)WoW!Korea


この記事が気に入ったら

コメント数ランキング

K-POP週間ランキング


韓国ドラマ・韓流ドラマ、韓国芸能情報のワウコリア
Copyright(C) 2004- 2019AISE Inc. All Rights Reserved.