来年の総支出309兆6千億ウォン、5.7%増額

韓国ドラマ・韓流ドラマのWoWKoreaトップ
韓国ドラマ・韓流ドラマのWoWKorea韓国一般ニュース
来年の総支出309兆6千億ウォン、5.7%増額
【ソウル28日聯合ニュース】政府は28日の閣議で、一般国民に希望を与え未来に備えることに主眼を置いた来年度予算案と、2010〜2014年の国家財政運用計画を確定した。来月1日に国会に提出する。

 予算案によると、来年の総支出はことしより5.7%多い309兆6000億ウォン(約22兆6668億円)と編成された。内訳は、予算がことしより5.2%増の215兆9000億ウォン、基金が7.0%増の93兆7000億ウォン。

 総収入はことしより8.2%増の314兆6000億ウォンと見込まれる。このうち、予算は9.0%増の212兆3000億ウォン、基金は6.5%増の102兆3000億ウォン、税外収入はことしと同水準の24兆5000億ウォン。

 これにより、統合財政収支(統合財政の収入と支出の差)は5兆ウォンの黒字となる。今年度予算(2兆ウォンの赤字)より改善し、黒字に転じるとの見込みだ。統合財政収支から社会保障性基金を除いた管理対象収支赤字は25兆3000億ウォンと、ことし予算(30兆1000億ウォンの赤字)より赤字幅が縮小する。国内総生産(GDP)に占める管理対象赤字は、ことしの2.7%から来年には2.0%に改善する。

 赤字国債の発行規模は22兆ウォンと、ことしの29兆3000億ウォンから減少する。国の債務は407兆2000億ウォンから436兆8000億ウォンに拡大するが、対GDP比は36.1%から35.2%にやや改善するとした。

 予算を分野別に見ると、一般公共行政が9.3%増の53兆2000億ウォンと、地方交付税の増加などを受け最も高い増加率を示した。外交統一は国際機関の分担金や政府開発援助(ODA)の増額で9.0%増えた。

 保健福祉労働は6.2%増の86兆3000億ウォン。特に、一般国民が希望を持てる社会づくりに向け、保育、児童安全、教育文化、住居・医療、障害者、高齢者、低所得層、多文化(国際結婚など)家族の8分野に3兆ウォン増の32兆1000億ウォンを割り当てた。月収450万ウォン以下の家庭への保育費支援、公共型保育施設の導入、専門高校(商業・工業高校)の無償教育、低所得層の成績優秀者への奨学金などの事業が進められる。

 未来への備えとしては、中心となる8課題に、ことしより2兆9000億ウォン多い23兆7000億ウォンを投じる。自動車・造船など5つの先導技術に955億ウォン、世界最高レベルとなる10大中核素材開発に1000億ウォンなどを配分した。

 ODA規模も、ことしの1兆3000億ウォンから来年には1兆6000億ウォンに増やす。このほか、4大河川再整備事業には600億ウォン増の3兆2800億ウォンを投じ、これを含む社会インフラ投資は鉄道投資中心に方向を定め、3.2%減の24兆3000億ウォンを配分した。

 政府は2010〜2014年の国家財政運用計画にのっとり、支出増加率を収入増加率より2〜3ポイント低く抑え、2014年に黒字転換を果たす考えだ。2014年の国の債務は492兆2000億ウォン(対GDP比31.8%)、租税負担率は小幅上昇の19.8%と見通した。

2010年9月28日11時5分配信 (C)WoW!Korea


この記事が気に入ったら

コメント数ランキング

K-POP週間ランキング


韓国ドラマ・韓流ドラマ、韓国芸能情報のワウコリア
Copyright(C) 2004- 2019AISE Inc. All Rights Reserved.