<W杯>許丁茂監督「韓国サッカーの進むべき方向見つけた」

韓国ドラマ・韓流ドラマのWoWKoreaトップ
韓国ドラマ・韓流ドラマのWoWKorea韓国一般ニュース
<W杯>許丁茂監督「韓国サッカーの進むべき方向見つけた」
<W杯>許丁茂監督「韓国サッカーの進むべき方向見つけた」

あいさつする許監督=29日、ソウル(聯合ニュース)

【ソウル29日聯合ニュース】サッカー・ワールドカップ(W杯)南アフリカ大会に出場した韓国代表が29日夜、帰国した。初の国外開催大会ベスト16入りの目標を達成した許丁茂(ホ・ジョンム)監督は、ソウル市内のホテルで開かれた記者会見で、決勝トーナメント1回戦敗退の悔しさがあるのは事実だが、次のW杯など国際大会で韓国サッカーがどの方向に進むべきかという回答を見出したと語った。

 許監督は、選手らをひとつにまとめた肯定・自律・疎通のリーダーシップで、韓国人監督W杯初勝利を収め、1954年スイス大会に初出場して以来、56年を経て国外開催大会決勝トーナメント進出を実現し、韓国サッカー史に新たなページを刻んだ。

 以下は一問一答。

――韓国サッカーの現在のレベルは。

「わたしたちも明らかにやれる。世界レベルに迫っており、強豪と競うこともできる。後れても先を進んでもいない状態だ。世界の強豪との試合でも決して萎縮しない自信感を得た。より細密な技術的部分で、幼いころから体系的な補完が必要だ。長期・短期的な計画を立てる必要がある」

 ――今大会で悔やまれる場面、
<W杯>許丁茂監督「韓国サッカーの進むべき方向見つけた」

笑顔で会見した許監督=29日、ソウル(聯合ニュース)

うれしかった場面は。

「喜びはやはり、目標を達成したことだ。悔いがあるとすれば、選手たちはとてもよくやってくれたが、もっと上がれる機会に挫折したということだ。まだ進むべき道のりは遠い。少しでも成果を出せたのは、選手やコーチングスタッフ、協会が助けてくれたおかげだ。わたしは大したことをしていない。声援を送ってくださった国民とレッド・デビルズに感謝の言葉を贈る」

「ナイジェリア戦(1次リーグ第3戦)でけりをつけることになると予想し、その試合でベスト16進出を決めたときはうれしかった。(決勝トーナメント初戦の)ウルグアイ戦は喜びと悔しさが交錯した。選手たちがとても悔しがる姿を見て、涙が出るほど苦しかった」

――選手らと一杯やる考えは。

「選手皆に感謝している。ビールでもどうだと勧めたら、選手だからか飲まない。飲んだ選手もいたし、そうでない選手もいた」

――今日にふさわしい故事成語は。

「故事成語は、いろいろな言葉で表すのが難しいときに使う。どんな言葉が必要か周りに聞いたりもした。こんなに熱い歓迎を受けるとは思わず、準備してこなかった。次は考えておきたい」

japanese@yna.co.kr
2010年6月29日21時2分配信 (C)WoW!Korea


この記事が気に入ったら



コメント数ランキング


韓国ドラマ・韓流ドラマ、韓国芸能情報のワウコリア
Copyright(C) 2004- 2019AISE Inc. All Rights Reserved.