北の哨戒艦攻撃は後継者問題と関係、CIA長官

韓国ドラマ・韓流ドラマのWoWKoreaトップ
韓国ドラマ・韓流ドラマのWoWKorea韓国一般ニュース
北の哨戒艦攻撃は後継者問題と関係、CIA長官
北の哨戒艦攻撃は後継者問題と関係、CIA長官

レオン・パネッタ長官(ABC提供)=(AP=聯合ニュース)

【ワシントン27日聯合ニュース】米中央情報局(CIA)のレオン・パネッタ長官は27日に米ABCテレビの番組で、北朝鮮では権力継承プロセスが進んでいるとした上で、3月の韓国哨戒艦「天安」の攻撃も、金正日(キム・ジョンイル)総書記の後継者とされる三男ジョンウン氏の軍部での信頼を確立するためだった可能性があると述べた。こうしたやり方は、過去に金正日総書記が権力を握るときにも行われたとしている。

 パネッタ長官は、金総書記の息子は非常に若く、能力の裏付けがないうえ、父親と北朝鮮への忠誠心はあるものの軍部では誰もそのスタイルを知らないため、軍部の信頼を得られていないと指摘。そのため、現在の挑発や小規模の衝突は、息子に対する信頼を確立しようとする意図と関連があると、繰り返し説明した。

 北朝鮮のこうした動きのため、今は「危険な時期」だと規定しながらも、「これが軍事的対立に飛び火するかと尋ねられれば、そうはならないと考える」と述べた。北朝鮮は、常にがけっぷち状態は避けてきたが、今回も同様だろうとしている。



2010年6月28日8時3分配信 (C)WoW!Korea


この記事が気に入ったら



コメント数ランキング


韓国ドラマ・韓流ドラマ、韓国芸能情報のワウコリア
Copyright(C) 2004- 2019AISE Inc. All Rights Reserved.