統一地方選準備、投開票作業に過去最多32万人投入

韓国ドラマ・韓流ドラマのWoWKoreaトップ
韓国ドラマ・韓流ドラマのWoWKorea韓国一般ニュース
統一地方選準備、投開票作業に過去最多32万人投入
【ソウル31日聯合ニュース】中央選挙管理委員会は31日、6月2日に投開票が実施される統一地方選挙の準備に本格的に着手した。

 今回の選挙は、地方自治体首長、地方議会議員、教育監、教育委員の選出を1度に行う1人8票制となる。投開票作業にも過去最大規模の32万人が投入される。

 全国1万3388の投票所と250の開票所の設置は、投開票前日の来月1日までに完了する予定だ。投票用紙約3億枚、投票箱約2万6000個、各種投票用具の輸送も、同日までに車両、船舶、ヘリなどを利用し、終える方針。

 投票管理には、投票管理官約1万3000人、投票事務員約14万3000人など、計22万9000人余りが動員される。また、投票案内員約5万人、障害者投票補助員1640人を各投票所に配置する。乗合車、バスなど1670台余りを動員し、障害者や高齢者の投票をサポートする。

 開票作業は、開票事務員約7万4000人、警察・警備約1万1000人など、計9万1000人余りが行う。1人8票制に伴う開票量を考慮し、投票用紙分類機は2006年地方選挙より大幅に増やす。

 開票の結果、大勢は競合地でなければ3日午前零時ごろ判明する見込み。



2010年5月31日13時4分配信 (C)WoW!Korea


この記事が気に入ったら



コメント数ランキング


韓国ドラマ・韓流ドラマ、韓国芸能情報のワウコリア
Copyright(C) 2004- 2019AISE Inc. All Rights Reserved.