国際線燃油サーチャージ、7〜8月値上がり見通し

韓国ドラマ・韓流ドラマのWoWKoreaトップ
韓国ドラマ・韓流ドラマのWoWKorea韓国一般ニュース
国際線燃油サーチャージ、7〜8月値上がり見通し
【ソウル31日聯合ニュース】国際線の航空運賃に上乗せする燃油特別付加運賃(燃油サーチャージ)が7〜8月に値上がりする見通しだ。

 航空業界が31日に明らかにしたところによると、4月1日〜5月27日のシンガポール燃油価格平均値が1ガロン=218.4セントだった。

 原油価格に合わせ航空運賃に付加される燃油サーチャージは、2か月間の燃油価格平均が1ガロン=150セントを超えると、その1か月後から2か月間にわたり反映される。4〜5月の燃油価格が、7〜8月に適用されることになる。

 このため、7〜8月の米州、欧州、豪州など長距離路線の航空運賃に上乗せされる燃油サーチャージ(往復基準)は、18ドル値上がりの118ドル(約10800円)となる見込みだ。中国、東南アジア、サイパンなど短距離路線は8ドル値上がりの52ドル、日本路線は4ドル値上がりの26ドル、釜山、済州発の日本・福岡路線は4ドル値上がりの24ドルとなる見通し。

 一方、国内線の燃油サーチャージは据え置きが見込まれる。





2010年5月31日13時2分配信 (C)WoW!Korea


この記事が気に入ったら

コメント数ランキング

K-POP週間ランキング


韓国ドラマ・韓流ドラマ、韓国芸能情報のワウコリア
Copyright(C) 2004- 2019AISE Inc. All Rights Reserved.