麻薬密輸法も進化、下着と下着の間に隠し持ち込み

韓国ドラマ・韓流ドラマのWoWKoreaトップ
韓国ドラマ・韓流ドラマのWoWKorea韓国一般ニュース
麻薬密輸法も進化、下着と下着の間に隠し持ち込み
【ソウル28日聯合ニュース】ソウル・麻浦警察署は28日、海外から覚せい剤を密輸し販売した疑い(麻薬類管理に関する法律違反)で34歳の男と、運び屋を務めた33歳の男を逮捕した。

 警察によると、容疑者らは先月22日、ベトナムで入手した覚せい剤44グラムを下着に隠し持ち、仁川国際空港を通じ国内に持ち込んだ。0.03グラム(1回使用量)当たり30万ウォン(約2万2756円)で、3人に売った疑いが持たれている。運び屋の男は下着2枚を重ね着し、その間に覚せい剤を隠し、空港をくぐり抜けた。

 また、警察は19日、覚せい剤58.1グラムを財布2つに分けて隠し中国発の国際貨物便で密輸した疑いで、48歳の男を逮捕した。

 麻浦警察署は4月から麻薬事犯の取り締まりを集中的に実施し、この男を含め37人を検挙した。同署関係者によると、覚せい剤を密輸、販売、服用したり、大麻吸引で摘発された容疑者の職業は、公益勤務要員(軍の代替服務制度)、牧師、スポーツ競技コーチ、元乗馬韓国代表選手などとさまざまだった。取り締まり期間の6月末まで、引き続き麻薬事犯検挙に力を入れる方針だ。



2010年5月28日15時3分配信 (C)WoW!Korea


この記事が気に入ったら



コメント数ランキング


韓国ドラマ・韓流ドラマ、韓国芸能情報のワウコリア
Copyright(C) 2004- 2019AISE Inc. All Rights Reserved.