生産者物価6か月連続上昇、4月上昇幅は0.8%

wowKoreaトップ
wowKorea韓国一般ニュース
生産者物価6か月連続上昇、4月上昇幅は0.8%
【ソウル10日聯合ニュース】韓国銀行が10日に発表した4月の生産者物価動向によると、先月の生産者物価指数は前月より0.8%上昇した。上昇勢は昨年11月から6か月間続いている。上昇幅は昨年7月(1.2%)以降で最大となった。農林水産品が1.2ポイント上がったのをはじめ、工業製品は1.0%、電力・水道・ガスは0.2%、サービスは0.4%、それぞれ上昇した。

 農林水産品では、生イカ(40.6%)、サバ(21.4%)、イシモチ(13.6%)、貝類(12.9%)など水産品が大幅上昇を記録した。先月は例年とは異なる天候が続いた上、原油価格の上昇などで操業日数や漁獲量が減少したことが影響したと分析された。

 畜産品も豚肉(8.9%)、鴨肉(8.1%)を中心に上昇し、野菜ではダイコン(42.9%)、ホウレンソウ(25.7%)、ハクサイ(23.8%)、キノコ類(22.4%)などが上がったが、カボチャ(マイナス52.1%)、ピーマン(マイナス42.0%)、青トウガラシ(マイナス37.7%)、キュウリ(マイナス37.6%)などは下落した。

 工業製品は、軽油(3.1%)、ガソリン(1.7%)、バンカーC重油(1.2%)など石油製品、鋼板切断品(14.7%)など1次金属製品が主に値上がりした。化学製品も原油価格上昇のあおりで0.8%上がった。

 サービス生産者物価は、伝貰(住宅賃貸時に一括で納める保証金)、観光バス料金が19.6%上昇したのをはじめ、航空貨物運賃(3.2%)、公認会計士料金(2.0%)などが上がったが、火災保険料(マイナス3.9%)、宅配料金(マイナス1.9%)などは下落した。



2010/05/10 13:04配信  Copyright 2010(C)YONHAPNEWS. All rights reserved. 最終更新:2010/05/10 13:54


この記事が気に入ったら



コメント数ランキング


韓国ドラマ・韓流ドラマ、韓国芸能情報のワウコリア
Copyright(C) 2004- 2020AISE Inc. All Rights Reserved.