韓国青少年の「生活満足度」、OECDで最下位

wowKoreaトップ
wowKorea韓国一般ニュース
韓国青少年の「生活満足度」、OECDで最下位
【ソウル4日聯合ニュース】韓国の子どもと青少年の感じる「生活満足度」が、経済協力開発機構(OECD)加盟国で最も低いとの研究調査結果が出された。

 延世大学・社会発展研究所と韓国方定煥財団は4日、このほど共同で全国の小学4年生~高校3年生の児童・生徒5437人を対象に子ども・青少年幸福指数の国際比較をテーマに調査を行い、ユニセフ(国連児童基金)の2006年研究と比較・分析した結果を明らかにした。

 調査によると、韓国の子どもと青少年は「生活に満足している」と回答した割合が53.9%で、OECD26カ調査国のうち最下位だった。2人のうち1人は暮らしに満足していないと感じていることになる。

 これは満足度が最も高かったオランダ(94.2%)より40.3ポイント低く、OECD平均(84.8%)と比較しても30.9ポイント下回った。昨年の調査(55.5%)と比べても1.6ポイント低い。

 「健康でないと思う」「所属感を感じられない」と答えた児童・生徒はそれぞれ26.5%と18.3%を記録し、OECD加盟国で最も高かった。「寂しさを感じる」とした回答は16.7%で、日本(29.8%)に続き2番目に高かった。

 一方、「学校生活に満足している」との回答は全体の27.0%で、ノルウェー(38.9%)、オーストリア(36.1%)、オランダ(34.4%)などと大差はなく、7位となった。

 「生活の満足度」「主観的幸福」「学校生活満足」など6部門を合わせ、点数で標準化した「主観的幸福」指数は65.1点(OECD平均を100とした場合)で、比較対象国で最下位だった。

 幸せのため人生で最も必要なものに「家族」を挙げた割合は、高校入学前が最も高いと調査された。高校1年生と2年生では「家族」と答えた生徒が「金」と答えた生徒の割合と比べ、同じかやや多かったが、高校3年生は「金」と答えた生徒の割合が28%で「家族」(22%)を上回った。

 調査を担当した延世大のヨム・ユシク教授(社会学科)は、韓国青少年の主観的幸福度が極端に低く、入試ストレスの解消が急がれると指摘。また、父母が子女の友人や学校・学習塾の先生とコミュニケーションを取ることも幸福指数を高めるのに役立つと話した。

japanese@yna.co.kr
2010/05/04 13:03配信  Copyright 2010(C)YONHAPNEWS. All rights reserved. 最終更新:2010/05/04 16:47


この記事が気に入ったら



コメント数ランキング

おすすめ情報
カンヌ大絶賛! 全国劇場大ヒット!! 『タクシー運転手』『1987、ある闘いの真実』に続く、実話に基づく衝撃作「工作 黒金星(ブラック・ヴィーナス) と呼ばれた男」2020年1月8日[水]BD/DVDリリース!

俳優 ソ・ジソブ ドラマプロモーションイベント開催決定!

”永遠のオッパ“こと俳優シン・ヒョンジュン、2019誕生日ファンミ開催決定

「Mnet Presents AICHI IMPACT!  2019 KPOP FESTIVAL」 <uP!!! ライブパス>で8/31(土)ステージを生配信!

ハ・ジョンウ、チュ・ジフンら韓国オールスターキャスト出演!  今まで誰も見たことがない冥界ファンタジー・アクション「神と共に 第一章:罪と罰」、「神と共に 第二章:因と縁」2019年11月6日[水]BD/DVDリリース!

韓国ドラマ・韓流ドラマ、韓国芸能情報のワウコリア
Copyright(C) 2004- 2019AISE Inc. All Rights Reserved. 

%>