行方不明の児童が大幅増、5年間で230%

韓国ドラマ・韓流ドラマのWoWKoreaトップ
韓国ドラマ・韓流ドラマのWoWKorea韓国一般ニュース
行方不明の児童が大幅増、5年間で230%
【ソウル4日聯合ニュース】児童の行方不明事件が毎年増加を続けている。

 韓国刑事政策研究院が4日に公表した報告書「児童行方不明および誘拐犯罪の実態と対策」によると、児童の行方不明件数は2004年の4066件から2008年には9470件と230%以上増えた。

 同期間、行方不明児童の発見率は99%以上で、ほとんどの児童が無事に帰宅したが、9歳以上14歳未満の未発見件数は2006年の4774人から2008年には7760人と、ほかの年齢層より大幅に増加した。

 行方不明件数を地域別に見ると、ソウルが約28%で最多を占め、京畿(23%)、釜山(8%)と続いた。2006年から2009年6月までの行方不明児童のうち、男児の割合は63%から51%に低下したが、女児の割合は37%から49%に上がった。

 警察関係者は、家族の関心と保護機能が弱まったことが一因だと指摘し、児童の所在などに関心を持ち、父母や学校で細やかにケアすることが予防策だと話した。

 このように行方不明事件は増えているが、行方不明になった児童を探すためのビラや検索システムの実効性は非常に低かった。ビラや検索システムに児童の写真を載せたものは約6割あったが、成長した姿を予測した写真はほとんどなく、効果が上がっていない。



2010/05/04 11:3配信  (C)WoW!Korea 最終更新:2010/05/04  19:42


この記事が気に入ったら



コメント数ランキング


韓国ドラマ・韓流ドラマ、韓国芸能情報のワウコリア
Copyright(C) 2004- 2019AISE Inc. All Rights Reserved.