対インド貿易収支黒字、10年間で11倍に

wowKoreaトップ
wowKorea韓国一般ニュース
対インド貿易収支黒字、10年間で11倍に
【ソウル28日聯合ニュース】ここ10年間で、インドに対する貿易黒字が11倍以上増加したことがわかった。

 韓国貿易協会の国際貿易研究院は28日、「韓国・インドの交易10年評価および韓国企業の対応案」と題した報告書で、2000年からインドとの貿易は増加を続け、2009年ベースの対インド貿易量は121億5000万ドル(約1兆1313億円)だったと明らかにした。同期間、インドは韓国の輸出国25位から9位に急浮上した。

 韓国の対インド輸出は、2000年の13億2000万ドルから2009年は80億1000万ドルと約6倍、輸入額は9億8000万ドルから41億4000万ドルと約4倍にそれぞれ増加した。貿易黒字は3億4000万ドルから38億7000万ドルに11倍以上拡大した。

 品目別では、輸出品目1位の自動車部品をはじめ、鉄鋼板や携帯電話、プラスチック、石油製品など主要品目が年平均25%以上の輸出増加を記録した。特に、輸出上位4品目の自動車部品と鉄鋼板、プラスチック、石油製品が輸出全体に占める割合は2000年の33.8%から2009年には47.8%と大幅に拡大した。

 ここ10年間における韓国の対インド直接投資は約10億ドル水準で、海外直接投資(FDI)全体の約1%にとどまる。

 国際貿易研究院は、韓国・インド貿易の主な特徴は韓国が毎年貿易黒字を記録し、貿易額増加率より黒字増加率が2倍以上高いことだと指摘。現代自動車のような「先投資・後輸出」構造を構築したことも特徴のひとつに挙げた。

 また、インド経済は今後高成長が続くと見込まれるため、韓国企業は両国の包括的経済連携協定(CEPA)を積極的に活用し、中産層に対する消費財販

2010/04/28 11:04配信  Copyright 2010(C)YONHAPNEWS. All rights reserved. 最終更新:2010/04/28 12:11


この記事が気に入ったら



コメント数ランキング

おすすめ情報
カンヌ大絶賛! 全国劇場大ヒット!! 『タクシー運転手』『1987、ある闘いの真実』に続く、実話に基づく衝撃作「工作 黒金星(ブラック・ヴィーナス) と呼ばれた男」2020年1月8日[水]BD/DVDリリース!

俳優 ソ・ジソブ ドラマプロモーションイベント開催決定!

”永遠のオッパ“こと俳優シン・ヒョンジュン、2019誕生日ファンミ開催決定

「Mnet Presents AICHI IMPACT!  2019 KPOP FESTIVAL」 <uP!!! ライブパス>で8/31(土)ステージを生配信!

ハ・ジョンウ、チュ・ジフンら韓国オールスターキャスト出演!  今まで誰も見たことがない冥界ファンタジー・アクション「神と共に 第一章:罪と罰」、「神と共に 第二章:因と縁」2019年11月6日[水]BD/DVDリリース!

韓国ドラマ・韓流ドラマ、韓国芸能情報のワウコリア
Copyright(C) 2004- 2019AISE Inc. All Rights Reserved. 

%>