韓国・カザフ首脳会談、原子力協力の拡大で合意

wowKoreaトップ
wowKorea韓国一般ニュース
韓国・カザフ首脳会談、原子力協力の拡大で合意
韓国・カザフ首脳会談、原子力協力の拡大で合意

会見を終え、握手を交わす両首脳=22日、ソウル(聯合ニュース)

【ソウル22日聯合ニュース】李明博(イ・ミョンバク)大統領とカザフスタンのナザルバエフ大統領は22日に青瓦台(大統領府)で首脳会談し、両国の協力案を話し合った。

 両首脳はその席で、世界第6位のウラン消費国の韓国と、世界第2位のウラン鉱保有国で韓国の最大ウラン導入国となるカザフスタンは、原子力分野で協力できる潜在力が大きいとの見方で一致し、同分野の協力を具体化していくことにした。

 また、両国国営企業が原子力分野の協力に関する了解覚書(MOU)を締結したことを歓迎し、ウランの共同開発、韓国型システム一体型原子炉(SMART)の共同研究における協力を積極的に模索していくことにした。

 ナザルバエフ大統領は会談後の共同記者会見で、今後は韓国のウラン需要量の40%までカザフスタンが供給できるものと期待を示した。

 両首脳はまた、カザフスタンが進めているバルハシの石炭火力発電所建設事業、ジャンビル海上鉱区共同探査など、戦略的協力事業で成果を上げるため緊密に連携するとともに、資源開発分野の協力基盤を拡大することで合意した。

 このほか、港湾開発や石油化学、IT、防衛産業、交通・インフラ、保健、農業、観光など諸般分野での新規協力事業が円滑に進むよう、連携を密にすることで一致した。

 李大統領は、不動産景気の下落で苦しむカザフスタンの韓国企業に対する支援を要請し、ナザルバエフ大統領はカザフスタンの有望プロジェクトに対する韓国企業の投資拡大を求めた。

 ことしは韓国にとって「カザフスタンの年」、2011年はカザフスタンにとって「韓国の年」となる。2012年には修交20周年を迎える。両首脳はこうした状況を踏まえ、両国関係が一段階発展できるよう、緊密に協力することで合意した。



2010/04/22 21:02配信  Copyright 2010(C)YONHAPNEWS. All rights reserved. 最終更新:2010/04/23 09:36


この記事が気に入ったら



コメント数ランキング

おすすめ情報
「キム秘書はいったい、なぜ? 」Blu-ray&DVDリリース記念・パク・ソジュン インタビュー到着! 次の夢は「海外の作品にチャレンジすること」

カンヌ大絶賛! 全国劇場大ヒット!! 『タクシー運転手』『1987、ある闘いの真実』に続く、実話に基づく衝撃作「工作 黒金星(ブラック・ヴィーナス) と呼ばれた男」2020年1月8日[水]BD/DVDリリース!

俳優 ソ・ジソブ ドラマプロモーションイベント開催決定!

”永遠のオッパ“こと俳優シン・ヒョンジュン、2019誕生日ファンミ開催決定

「Mnet Presents AICHI IMPACT!  2019 KPOP FESTIVAL」 <uP!!! ライブパス>で8/31(土)ステージを生配信!

韓国ドラマ・韓流ドラマ、韓国芸能情報のワウコリア
Copyright(C) 2004- 2019AISE Inc. All Rights Reserved. 

%>