柳明桓長官「核兵器再導入は選択肢になり得ない」

wowKoreaトップ
wowKorea韓国一般ニュース
柳明桓長官「核兵器再導入は選択肢になり得ない」
【ソウル21日聯合ニュース】外交通商部の柳明桓(ユ・ミョンファン)長官は21日、ソウル市内のホテルで開かれた社団法人・鳥山アカデミー主催の講演で、北朝鮮核問題と関連した韓国の核兵器再導入の可能性を問われ、「われわれの核兵器再導入は決して選択肢になり得ない」と述べた。

 また、北朝鮮の核問題に対処する手段として、核再配置は世界的な観点で扱われるべきだとの考えを示した。そうした点から米国との共助が絶対的に重要で、世界の核戦略・政策と歩調を合わせねばならないと強調した。オバマ米大統領が「核のない世界」を呼びかけているなか、国際政治で手段を模索し、北朝鮮に圧力をかけるべきだと主張した。

 続けて、2012年の第2回核安全保障サミットの韓国開催は北朝鮮に送るメッセージあるいは警告だとした上で、核を放棄する最後の機会を北朝鮮に与えた形だと述べた。

 哨戒艦「天安」沈没事故への北朝鮮関与が判明した場合、争いを激化させず軍事的に報復する能力を備えているかとの質問には、「北朝鮮の能力が相当な水準なら、韓国もそれに対する対応能力がある」と答えた。

 一方、近ごろ再び浮上した日本の独島(日本名:竹島)領有権主張については、独島が紛争地域との認識を国際社会に与えるのは望ましくないとの考えを示した。その上で、韓国が実効的に確実に支配しているため、落ち着いて断固として対処すべきだと指摘した。



2010/04/21 15:02配信  Copyright 2010(C)YONHAPNEWS. All rights reserved. 最終更新:2010/04/21 15:42


この記事が気に入ったら



コメント数ランキング

おすすめ情報
「キム秘書はいったい、なぜ? 」Blu-ray&DVDリリース記念・パク・ソジュン インタビュー到着! 次の夢は「海外の作品にチャレンジすること」

カンヌ大絶賛! 全国劇場大ヒット!! 『タクシー運転手』『1987、ある闘いの真実』に続く、実話に基づく衝撃作「工作 黒金星(ブラック・ヴィーナス) と呼ばれた男」2020年1月8日[水]BD/DVDリリース!

俳優 ソ・ジソブ ドラマプロモーションイベント開催決定!

”永遠のオッパ“こと俳優シン・ヒョンジュン、2019誕生日ファンミ開催決定

「Mnet Presents AICHI IMPACT!  2019 KPOP FESTIVAL」 <uP!!! ライブパス>で8/31(土)ステージを生配信!

韓国ドラマ・韓流ドラマ、韓国芸能情報のワウコリア
Copyright(C) 2004- 2019AISE Inc. All Rights Reserved.