韓国主宰のG20財務相会議、23日米国で開催

wowKoreaトップ
wowKorea韓国一般ニュース
韓国主宰のG20財務相会議、23日米国で開催
【ソウル19日聯合ニュース】ことし初の主要20カ国・地域(G20)財務相・中央銀行総裁会議が23日に開かれ、「銀行税」の導入など金融規制改革問題が集中的に話し合われる。G20の議長国として会議を主宰する韓国にとっては、国際社会でそのリーダーシップを評価される重要な舞台となる見通しだ。

 企画財政部によると、尹増鉉(ユン・ジュンヒョン)同部長官は23日から25日にかけて米ワシントンで行われるG20財務相・中央銀行総裁会議、国際通貨基金(IMF)・世界銀行春季会合に出席し、議長を務める。これに先立ち、22日にはカナダやスペインなど主要国の高官らと会い、金融圏の分担案を話し合う。

 G20財務相・中央銀行総裁会議の中核議題は、銀行税に関する議論だ。会議の第1セッションとなる金融規制改革部門では、昨年9月のG20首脳会合(金融サミット)でIMFに作成を要請した金融圏の分担案に関する中間報告を受け、具体策が話し合われる見通しだ。

 尹長官は19日に政府果川庁舎で行った記者懇談会で、銀行税の導入について「韓国だけでなく、新興国の普遍的な困難の解消に多少役立つ」との見解を示した。金融状況が良いときに多額の金が流入し、悪いときに一度に流出することに対し、実質的な方法がない状況で、国際協力の下で必要な措置が取られれば助けになるだろうと述べた。

 一方で、ある一カ国だけが独占的に金融機関に負担を与えれば副作用があると指摘。消費者に負担が転嫁され、金利や手数料が上がり金融取引が冷え込みかねないため、国際共助が必要だと訴えた。

 尹長官はIMFの会合でも、国際金融改革や役割の調整など、主要なイシューに積極的に賛同する方針だ。G20構成国や国際通貨金融委員会(IMFC)参加国の閣僚らとの合同夕食会にも共同議長として出席し、G20構成国とこれに属さない国との橋渡し役にも尽力する。



2010/04/19 21:05配信  Copyright 2010(C)YONHAPNEWS. All rights reserved. 最終更新:2010/04/20 09:37


この記事が気に入ったら



コメント数ランキング


韓国ドラマ・韓流ドラマ、韓国芸能情報のワウコリア
Copyright(C) 2004- 2019AISE Inc. All Rights Reserved.