対ドル相場が急落、米ゴールドマン訴追受け

韓国ドラマ・韓流ドラマのWoWKoreaトップ
韓国ドラマ・韓流ドラマのWoWKorea韓国一般ニュース
対ドル相場が急落、米ゴールドマン訴追受け
【ソウル19日聯合ニュース】米証券取引委員会(SEC)による同国金融大手ゴールドマン・サックス訴追を受け、対ドル相場が大幅に下落した。

 19日のソウル外国為替市場で、ウォンの対ドル相場は前営業日比7.80ウォン安の1ドル=1118.10ウォンで取引を終えた。

 この日はゴールドマン・サックス訴追の影響で前営業日比4.70ウォン安の1ドル=1115.00ウォンで取引を開始。1112.80ウォンまで上昇したが、ドル買いが入ると1118.0ウォンまで急落した。その後は1115~1118ウォンで騰落を繰り返し、後場に株価弱含みの影響でドル買いが強まると、一時1119.00ウォンまでウォン安が進んだ。

 こうした動きは、ゴールドマン・サックスが証券詐欺罪で訴追され、他の投資銀行の訴追の可能性が提起されたことから、安全資産を好む心理が市場に広がったため。また、火山噴火で欧州のフライト欠航が相次いでいることも、ドル買いを誘った。



2010/04/19 17:01配信  (C)WoW!Korea 最終更新:2010/04/19 17:31


この記事が気に入ったら



コメント数ランキング

K-POP週間ランキング


韓国ドラマ・韓流ドラマ、韓国芸能情報のワウコリア
Copyright(C) 2004- 2019AISE Inc. All Rights Reserved.