鄭夢準与党代表、日本に真の「過去清算」促す

wowKoreaトップ
wowKorea韓国一般ニュース
鄭夢準与党代表、日本に真の「過去清算」促す
【東京15日聯合ニュース】日本を訪れている与党ハンナラ党の鄭夢準(チョン・モンジュン)代表は15日、日本の独島(日本名:竹島)領有権主張など歴史わい曲問題と関連し、被害者が記憶する過去と、加害者が反省する過去の記憶が一致しなければならないとした上で「過去の真実を認めてこそ、本当の過去清算ができる」と強調した。

 慶応義塾大学で行った講演で述べたもの。独島は新羅時代から明白な韓国の領土だと主張し、日本が小学校教科書に領有権主張を明記したことは「納得し難い行動であり、矛盾した主張」だと批判した。

 また、海軍哨戒艦「天安」沈没事故で韓国民が深い悲しみに沈んでいるなか、日本は隣国として到底あり得ない行為をし、韓国国民に深い傷を与えたと述べた。日本でナショナリズム傾向の政治家とその声が大きくなっていることも懸念すべきことだとした。

 鄭代表は、日本の過去清算を促しながら、日本永住権を持つ在日韓国人への地方参政権保障、朝鮮王朝時代の王室儀礼を絵や文で記録した「朝鮮王室儀軌」の返還などを求めた。

 朝鮮半島の統一問題にも触れ、「朝鮮半島分断、北朝鮮の核兵器保有がある限り、北東アジアの平和はあり得ない」とし、朝鮮半島統一は韓日共同の課題だと力説した。

 両国は地理的運命関係を超え、自由民主主義や市場経済、平和と人権など、価値的同盟関係へと発展すべきだとし、平和と共栄を追求する未来ビジョンを共有することで、新たな韓日時代、アジアの時代を切り開いていかなければならないと述べた。

2010/04/16 10:01配信  Copyright 2010(C)YONHAPNEWS. All rights reserved.


この記事が気に入ったら



コメント数ランキング


韓国ドラマ・韓流ドラマ、韓国芸能情報のワウコリア
Copyright(C) 2004- 2019AISE Inc. All Rights Reserved. 

%>