「天安」事故死亡兵士を「戦死者礼遇」、青瓦台方針

wowKoreaトップ
wowKorea韓国一般ニュース
「天安」事故死亡兵士を「戦死者礼遇」、青瓦台方針
【ソウル16日聯合ニュース】政府は哨戒艦「天安」沈没事故で死亡した海軍兵士全員を「戦死者」に準じ礼遇する方針を固め、具体的な検討作業に入ったと伝えられた。

 青瓦台(大統領府)の中核側近が16日、聯合ニュースの電話取材に対し「法的に難しい部分はあるが、そうした方向で進めている」と明らかにした。国防部が間もなく関連建議を行うという。

 別の側近も、軍が遂行する任務は事実上の「戦時作戦」と見なすことができるという解釈が多いと指摘し、今回の場合も事故原因とは関係なく、戦死者として礼遇するのが妥当だとの意見が支配的だと伝えた。また、国防部が追叙なども検討していると説明した。

 青瓦台のこうした方針は、李明博(イ・ミョンバク)大統領が直接、最大限に礼遇するよう指示したことを受けてのものと伝えられる。軍当局は当初、事故原因により「殉職」「戦死」を判断した上で、兵士らへの補償を進める計画だった。

 死亡した兵士らを戦死礼遇する場合、支払われる補償金は幹部が3億400万~3億5800万ウォン(約2550万~3000万円)、兵士が2億ウォンとなる。殉職者の場合の補償金は、幹部が1億4100万~2億4700万ウォン、兵士が3650万ウォン。

 一方、沈没事故による行方不明者の捜索中に殉職したハン・ジュホ准尉に対しては、李大統領が「通常の活動中ではなく戦闘状況に順ずる中での事故」だとし、礼遇すべきだと指摘した。これを受け、政府が忠武武功勲章を受勲している。



2010/04/16 08:04配信  Copyright 2010(C)YONHAPNEWS. All rights reserved. 最終更新:2010/04/16 09:24


この記事が気に入ったら



コメント数ランキング


韓国ドラマ・韓流ドラマ、韓国芸能情報のワウコリア
Copyright(C) 2004- 2019AISE Inc. All Rights Reserved. 

%>