核サミット共同声明履行に向け、韓国内後続措置着手

韓国ドラマ・韓流ドラマのWoWKoreaトップ
韓国ドラマ・韓流ドラマのWoWKorea韓国一般ニュース
核サミット共同声明履行に向け、韓国内後続措置着手
【ワシントン14日聯合ニュース】政府は先の核安全保障サミットで採択された共同声明の履行に向け、関連国際条約の批准や法改正など、韓国内の後続措置に迅速に着手する方針だと伝えられた。

 サミットの韓国側事前交渉代表を務めた外交通商部の趙顕(チョ・ヒョン)多者外交調整官は14日、ワシントン特派員との記者懇談会で「今回の声明は条約というよりも宣言的意味のもの」だとしながら、各国首脳が合意し履行を促しただけに、韓国としても法改正をする必要がある内容だと説明した。

 その上で、韓国がすでに署名している核テロ防止条約、核物質防護条約の批准を間もなく進める計画だと明らかにした。これには、関連する違反事項を処罰する条項の強制化など、関連国内法規の改正が必要になるという問題があると指摘した。

 サミット共同声明履行に向け、拘束力のある措置や罰則条項を設けるかどうかについては、具体的事項は出ていないとしながら、今後、交渉代表会議を経て合意する必要があるが、当面は進展はないだろうと見通した。

 サミットを下支えする協議体の設置については、初期段階のためまだそうした論議はしていないと述べた上で、国際原子力機構(IAEA)の役割もあり、さらに閣僚級の協議を設ける必要はないとの考えを示した。

 2012年にソウルで開催される第2回核安保サミットで、北朝鮮の核問題を議題化するかとの質問には、「まだ議題について論じる段階ではない」と答えた。北朝鮮の核問題を一つのアイテムとすることは、会議の性格やほかの議題との比較から考えても若干難しいだろうとした。ただ、サミットをソウルで開くということそのものが、北朝鮮を圧迫し核問題の早期解決に力を加えると強調した。



2010/04/15 9:3配信  (C)WoW!Korea 最終更新:2010/04/15  10:26


この記事が気に入ったら



コメント数ランキング


韓国ドラマ・韓流ドラマ、韓国芸能情報のワウコリア
Copyright(C) 2004- 2019AISE Inc. All Rights Reserved.