李大統領「核放棄意志見せれば北も核サミット招待」

韓国ドラマ・韓流ドラマのWoWKoreaトップ
韓国ドラマ・韓流ドラマのWoWKorea韓国一般ニュース
李大統領「核放棄意志見せれば北も核サミット招待」
李大統領「核放棄意志見せれば北も核サミット招待」

核安全保障サミットのソウル開催決定を発表する李明博大統領=13日、ワシントン(聯合ニュース)

【ワシントン13日聯合ニュース】米ワシントンで13日に開かれた核安全保障サミット全体会合で、2012年第2回サミットのソウル開催が決定した。

 李明博(イ・ミョンバク)大統領は、同日に行った記者会見で「北朝鮮が2011~2012年の2年間、6カ国協議で核放棄に向けた確実な意志を示し、核拡散防止条約(NPT)に加入し合意事項に従えば、喜んで(第2回核安全保障サミットに)招待する」と表明した。また、そうなるよう世界中の首脳と北朝鮮の核抑止に努めていくと強調した。

 続けて、北朝鮮は今回のサミットに出席しなかったのではなく、資格がないため招待を受けられなかったと指摘し、北朝鮮は今後、この問題において50カ国首脳の議論対象になるだろうと述べた。また、「核の脅威から抜け出すためには核拡散を絶対に防がねばならず、その中心に北朝鮮ももちろん入っている」と述べた。将来的に、サミットがそうした国々の核を抑止する上で大きな成果を上げるものと期待を示した。

 サミットで韓国の原子力発電所をPRしたかとの質問には、こうした首脳会合の場で露骨にアピールするのはふさわしくないとしながらも、首脳陣とは個別に多く対話したと明らかにした。アラブ首長国連邦(UAE)に原発を建設するようになることが、言うまでもなく大きな成果だと述べた。

 李大統領は、11月にソウルで開かれる主要20カ国・地域(G20)首脳会合(金融サミット)が世界経済の最上位の首脳会合だとすれば、2012年の第2回核安全保障サミットは、安保や原子力産業の平和的利用に関する最上位の安保会合だと説明した。その上で、韓国が北朝鮮の核の脅威から抜け出し、先進国に向かえるよう、力を合わせて核安全保障サミットを成功させようと呼びかけた。

 一方、李大統領とともに会見したオバマ米大統領は、第2回サミットのソウル開催決定は韓国の域内・国際社会でのリーダーシップを反映した結果だと評価し、「李大統領と韓国国民がこうした責任を喜んで受け入れてくれたことに感謝をささげる」と述べた。



2010年4月14日8時5分配信 (C)WoW!Korea


この記事が気に入ったら



コメント数ランキング


韓国ドラマ・韓流ドラマ、韓国芸能情報のワウコリア
Copyright(C) 2004- 2019AISE Inc. All Rights Reserved.