LG電子とSBS、遊休帯域利用の3D送出技術開発

wowKoreaトップ
wowKorea韓国一般ニュース
LG電子とSBS、遊休帯域利用の3D送出技術開発
LG電子とSBS、遊休帯域利用の3D送出技術開発

「NAB2010」で12日に行われたデモンストレーションのようす(LG電子提供)=13日、ソウル(聯合ニュース)

【ソウル13日聯合ニュース】LG電子とSBS(ソウル放送)が、地上波テレビ放送で使われていない「遊休」周波数帯域を活用し3D(3次元)コンテンツを送出する技術を共同開発した。LG電子は13日、米ラスベガスで開幕した国際放送機器展「NAB2010」で、この技術のデモンストレーションを行ったと明らかにした。

 開発した技術は、従来のテレビ放送を視聴しながら、遊休帯域を利用し伝送される別途の3Dコンテンツを受信し、好きな時間に再生することができるというノンリアルタイムサービス。衛星放送やケーブルテレビはチャンネルが多く、3D伝送チャンネルを容易に別途運営できるが、地上波はそうはいかないため、1つのチャンネルで従来の2Dと3Dのコンテンツを同時に送出することが技術的課題だと、LG電子関係者は話す。今後の地上波2D・3Dリアルタイム同時放送の技術的足場を築いたと言え、大きな意味があると説明した。

 2D・3Dリアルタイム同時放送は、まだ標準の確立や技術開発が完了していない。北米の地上波デジタルテレビ規格を制定するATSCは、2011~2012年を目標にノンリアルタイム放送サービスを含む次世代デジタル放送標準規格の制定を進めている。今回、LG電子とSBSが北米地上波放送網を通じこの技術を公開したのも、そのためだ。地上波ノンリアルタイム放送サービス規格が韓国でも標準化されれば、SBSは今回デモンストレーションに成功したコンテンツ送出システムを利用し、国内で3Dテレビ放送コンテンツをサービスする予定だ。



2010/04/13 17:03配信  Copyright 2010(C)YONHAPNEWS. All rights reserved. 最終更新:2010/04/13 17:43


この記事が気に入ったら



コメント数ランキング


韓国ドラマ・韓流ドラマ、韓国芸能情報のワウコリア
Copyright(C) 2004- 2019AISE Inc. All Rights Reserved. 

%>