高速鉄道開通から6年、技術・部品国産化進む

wowKoreaトップ
wowKorea韓国一般ニュース
高速鉄道開通から6年、技術・部品国産化進む
高速鉄道開通から6年、技術・部品国産化進む

KTX=(聯合ニュース)

【大田31日聯合ニュース】4月1日で開通6周年を迎える韓国高速鉄道(KTX)が、技術・部品開発に拍車をかけている。

 コレール(韓国鉄道公社)が31日に明らかにしたところによると、ここ6年間で高速鉄道と関連して国内で独自に開発された技術は、高速車両分野が13件、電車線および信号分野が7件、施設分野が1件の合計21件と集計された。

 高速車両分野の場合、2006年には1件にすぎなかったが、2007年は4件、2008年は3件、2009年は5件と毎年増加しており、現在開発中の技術も9件に達している。

 特に、KTX中核装置として、ネットワーク通信を利用し列車制御、故障記録、車両診断などを担当する「車両コンピューター制御装置(OBCS)」を国産化することに成功、KTX1編成当たり30億ウォン(約2億5000万円)相当の外国製部品購入費用を削減した。

 電車線技術分野では、「高速鉄道軌道回路の性能監視装置(TLDS)」を国内独自技術で開発し、KTXの運行定時率を2004年開通当時の87.6%から昨年には98.3%に大幅に引き上げた。

 また、施設分野で開発された「油圧式レール緊張器」も線路維持補修の精密度を向上させたのはもちろん、16億2000万ウォン相当の外貨を削減できたと評価された。

 コレール関係者は、ここ6年間進めてきた高速鉄道関連製品の国産化努力は、外国製品の輸入に伴う予算を削減し技術を蓄積しただけでなく、海外高速鉄道事業への進出にも直接的・間接的に有利に働くものと期待を寄せた。

 KTXの乗客総数は2億1101万人で、国民1人当たり平均4.2回乗車したと集計された。運行総距離は1億2215万キロメートルで、地球を3054周した計算となる。



2010/03/31 20:01配信  Copyright 2010(C)YONHAPNEWS. All rights reserved. 最終更新:2010/04/01 09:25


この記事が気に入ったら



コメント数ランキング

おすすめ情報
「キム秘書はいったい、なぜ? 」Blu-ray&DVDリリース記念・パク・ソジュン インタビュー到着! 次の夢は「海外の作品にチャレンジすること」

カンヌ大絶賛! 全国劇場大ヒット!! 『タクシー運転手』『1987、ある闘いの真実』に続く、実話に基づく衝撃作「工作 黒金星(ブラック・ヴィーナス) と呼ばれた男」2020年1月8日[水]BD/DVDリリース!

俳優 ソ・ジソブ ドラマプロモーションイベント開催決定!

”永遠のオッパ“こと俳優シン・ヒョンジュン、2019誕生日ファンミ開催決定

「Mnet Presents AICHI IMPACT!  2019 KPOP FESTIVAL」 <uP!!! ライブパス>で8/31(土)ステージを生配信!

韓国ドラマ・韓流ドラマ、韓国芸能情報のワウコリア
Copyright(C) 2004- 2019AISE Inc. All Rights Reserved.