チリとのFTA発効から6年、ここ2年は貿易減少

wowKoreaトップ
wowKorea韓国一般ニュース
チリとのFTA発効から6年、ここ2年は貿易減少
【ソウル31日聯合ニュース】韓国とチリ間の自由貿易協定(FTA)発効から4月1日で6年を迎える。

 関税庁が31日に明らかにしたところによると、韓国・チリ間の貿易規模はFTA発効前の2003年には15億8000万ドルだったのが、昨年は53億3000万ドル(約4975億円)まで増加した。昨年の輸出は22億ドル、輸入は31億ドルで、8億7000万ドルの赤字だった。

 韓国の全貿易にチリが占める割合は、輸入が2003年の0.59%から昨年は0.96%、輸出が同期間に0.27%から0.61%に上昇した。

 ただ、2007年(72億ドル)まで増加を続けてきた貿易規模が、ここ2年間は減少傾向を示している。これは、世界的景気低迷と、FTA先占効果の減退が原因と分析された。チリは2006年10月に中国、2007年9月に日本とのFTAが発効し、対チリ輸出市場の競争は激しさを増している。

 チリからの主な輸入品目は、銅・亜鉛など鉱物原材料、パルプ、豚肉、ブドウなど。昨年の10大輸入品目が輸入全体に占める割合は91%。特に、銅関連品目が60%以上を占める。チリへの輸出は石油製品、乗用車、電子製品、鉄鋼材などが主で、10大輸出品目で輸出全体の72%を占める。

 銅、ブドウ、パルプ輸入の国別順位でチリは1~3位を占めるが、輸出の場合はボイラー用付属機器を除くと7~39位水準にとどまる。 



2010/03/31 18:04配信  Copyright 2010(C)YONHAPNEWS. All rights reserved. 最終更新:2010/04/01 09:24


この記事が気に入ったら



コメント数ランキング

おすすめ情報
「キム秘書はいったい、なぜ? 」Blu-ray&DVDリリース記念・パク・ソジュン インタビュー到着! 次の夢は「海外の作品にチャレンジすること」

カンヌ大絶賛! 全国劇場大ヒット!! 『タクシー運転手』『1987、ある闘いの真実』に続く、実話に基づく衝撃作「工作 黒金星(ブラック・ヴィーナス) と呼ばれた男」2020年1月8日[水]BD/DVDリリース!

俳優 ソ・ジソブ ドラマプロモーションイベント開催決定!

”永遠のオッパ“こと俳優シン・ヒョンジュン、2019誕生日ファンミ開催決定

「Mnet Presents AICHI IMPACT!  2019 KPOP FESTIVAL」 <uP!!! ライブパス>で8/31(土)ステージを生配信!

韓国ドラマ・韓流ドラマ、韓国芸能情報のワウコリア
Copyright(C) 2004- 2019AISE Inc. All Rights Reserved. 

%>