日本で「食の韓流」目指す、マッコリなど人気

wowKoreaトップ
wowKorea韓国一般ニュース
日本で「食の韓流」目指す、マッコリなど人気
日本で「食の韓流」目指す、マッコリなど人気

断然人気だったマッコリコーナー=(聯合ニュース)

【東京8日聯合ニュース】マッコリ(韓国伝統の濁り酒)とキムチが日本消費者の心をつかんでいる。

 日本・千葉市の幕張メッセで2~5日に開催された国際食品・飲料展「フーデックスジャパン」の韓国館でも、断然人気はやはりこの2品目だった。マッコリは日本内で最大流通ネットワークを持つ「二東マッコリ」から、機能性が加わった「もずくマッコリ」まで多彩な製品が展示され、日本バイヤーから大きな反響を得た。今回は従来のマッコリとは異なり、日本人の口に合わせたさまざまな種類のものが披露されたことが目を引いた。

 日本で爆発的な人気を博している二東マッコリを販売する「二東ジャパン」の金孝燮(キム・ヒョソプ)社長は、「ことしマッコリの人気がピークに達する。昨年の売上高は15億円程度だったが、ことしは20億円を目標にしている」と明らかにした。

 日本でマッコリの人気が高まったことを受け、韓国の自治体や大企業もマッコリ市場への進出を急いでいる。しかし、国内業者が一斉に日本マッコリ市場に進出することによる共倒れの恐れも指摘されている。

 日本最大の韓国食品販売業者「韓国広場」の金根熙(キム・グンヒ)社長は、「マッコリの供給過剰で価格競争が激しく、このままでは市場自体が消滅する可能性がある」と懸念した。

 一方、韓国キムチも依然人気があるが、日本キムチの壁を超えるため苦労している。日本キムチ市場での韓国産キムチの割合は30%程度だが、韓国固有の辛い味の製品より日本式の淡白な味のものが多く、韓国キムチの特徴がなくなっているとの指摘も出ている。

 金根熙社長は、「韓国食品のキムチが日本で定着したものの、まだ満足できる水準ではない。日本人の口に合わせたものが多いため、むしろ競争力が落ちた面がある」と指摘。「辛ラーメン」が韓国固有の辛い味で、ラーメン宗主国の日本で成功を収めた点をうまく利用すれば、「食の韓流」が造成しやすくなると助言した。

 ほかの業界関係者も、文化と食品を連携させる方法や、キムチを利用したフュージョン料理の開発が必要だと話している。また、一部の韓国業者は日本現地で、「韓食」をテーマに飲食事業を展開している。CJジャパンは外食企業の「フード・フェスタ」を買収し、日本全域50支店で「韓菜」の名称でビビンバ、冷めん、ラーメンなどを販売している。昨年の売上高は15億円で、2013年までに100支店、売上高30億円を達成する考えだ。 

 農水産流通公社(aT)の尹彰培(ユン・ジャンベ)社長は、ことし韓国が「フーデックスジャパン」に過去最大規模で参加したほど、日本への食品輸出に力を入れていると説明。韓国輸出業者と日本バイヤーの仲介役として、売上高伸張に総力を上げていくと話した。

2010/03/08 17:27配信  Copyright 2010(C)YONHAPNEWS. All rights reserved.


この記事が気に入ったら



コメント数ランキング

おすすめ情報
「キム秘書はいったい、なぜ? 」Blu-ray&DVDリリース記念・パク・ソジュン インタビュー到着! 次の夢は「海外の作品にチャレンジすること」

カンヌ大絶賛! 全国劇場大ヒット!! 『タクシー運転手』『1987、ある闘いの真実』に続く、実話に基づく衝撃作「工作 黒金星(ブラック・ヴィーナス) と呼ばれた男」2020年1月8日[水]BD/DVDリリース!

俳優 ソ・ジソブ ドラマプロモーションイベント開催決定!

”永遠のオッパ“こと俳優シン・ヒョンジュン、2019誕生日ファンミ開催決定

「Mnet Presents AICHI IMPACT!  2019 KPOP FESTIVAL」 <uP!!! ライブパス>で8/31(土)ステージを生配信!

韓国ドラマ・韓流ドラマ、韓国芸能情報のワウコリア
Copyright(C) 2004- 2019AISE Inc. All Rights Reserved.