昨年12月産業生産33.9%増、10年来の高水準

wowKoreaトップ
wowKorea韓国一般ニュース
昨年12月産業生産33.9%増、10年来の高水準
【ソウル29日聯合ニュース】統計庁が29日に発表した昨年12月の産業活動動向によると、先月の鉱工業生産は前年同月比33.9%増加した。1999年7月(35.5%)以来の高い増加率を記録した。

 前年同月比の鉱工業生産増加率は、昨年1月にマイナス25.5%まで落ち込んだが、7月に0.7%でプラスに転じた。8月は1.2%、9月は11.0%、10月は0.3%、11月は17.9%と、プラスが6か月間続いている。前月比も2か月連続のプラスで3.5%増を記録した。

 生産者製品出荷は、前月比2.8%、前年同月比では26.2%、それぞれ増加した。12月の在庫は前月より0.7%増えたが、前年同月との比較では7.5%少なかった。製造業の在庫率指数は93.7で、前月より1.9ポイント下落した。製造業生産能力指数は前年同月比3.9%増加。製造業稼働率指数は前月比3.3%、前年同月比28.0%、それぞれ増加した。製造業平均稼働率は79.9%で、前月より2.6ポイント上がった。

 12月のサービス業生産は、前月、前年同月比ともに1.8%増加した。消費財販売額指数は前月比で1.7%、前年同月比で12.1%の増加だった。設備投資は前月比4.0%、前年同月比で21.0%拡大し、先行指標の国内機械受注は前年同月比24.5%増加した。建設工事完成工事高は前年同月比13.1%増加したが、建設受注は発注の減少が影響し19.5%減った。

 現在の景気状況を示す一致指数の循環変動値は、前月より0.3ポイント下落した。今後の景気を予告する先行指数の前年同月比は、前月比0.2ポイント上昇した。12か月間上昇勢を維持しているが、上昇幅は前月(1.3ポイント)より鈍化した。

 統計庁関係者は、循環変動値の下落は、昨年第3四半期までの急速な回復に対する反動と分析した。過去にも一時的な下落の後に上昇するパターンがあり、景気収縮の可能性というより、一時的な鈍化現象と判断されるとの説明だ。

 一方、昨年の年間産業活動動向は、国際金融危機後に上半期まで停滞が続き、鉱工業生産は前年比0.7%減少、生産者製品出荷も1.7%減少するなどの不振を示した。鉱工業生産の年間値減少は、通貨危機直後の1998年(6.4%減)以来、11年ぶり。

 製造業平均稼働率は74.1%と、前年より3.1ポイント下落。設備投資と国内機械受注もそれぞれ8.1%と8.6%、減少した。

 ただ、サービス業生産は1.7%増加し、小売販売額指数も乗用車の好調などに後押しされ2.7%上昇した。また、政府大規模公共事業などの影響で建設工事完成工事高が3.7%、建設受注も1.8%増加した。

2010/01/29 16:05配信  Copyright 2010(C)YONHAPNEWS. All rights reserved. 最終更新:2010/01/29 17:08


この記事が気に入ったら



コメント数ランキング

おすすめ情報
カンヌ大絶賛! 全国劇場大ヒット!! 『タクシー運転手』『1987、ある闘いの真実』に続く、実話に基づく衝撃作「工作 黒金星(ブラック・ヴィーナス) と呼ばれた男」2020年1月8日[水]BD/DVDリリース!

俳優 ソ・ジソブ ドラマプロモーションイベント開催決定!

”永遠のオッパ“こと俳優シン・ヒョンジュン、2019誕生日ファンミ開催決定

「Mnet Presents AICHI IMPACT!  2019 KPOP FESTIVAL」 <uP!!! ライブパス>で8/31(土)ステージを生配信!

ハ・ジョンウ、チュ・ジフンら韓国オールスターキャスト出演!  今まで誰も見たことがない冥界ファンタジー・アクション「神と共に 第一章:罪と罰」、「神と共に 第二章:因と縁」2019年11月6日[水]BD/DVDリリース!

韓国ドラマ・韓流ドラマ、韓国芸能情報のワウコリア
Copyright(C) 2004- 2019AISE Inc. All Rights Reserved. 

%>