商品とサービスの収支格差、過去最大記録の見通し

wowKoreaトップ
wowKorea韓国一般ニュース
商品とサービスの収支格差、過去最大記録の見通し
【ソウル30日聯合ニュース】ことしは商品収支とサービス収支の格差が過去最大を記録する見通しだ。商品収支が過去最大規模の黒字を確実にしているのに対し、サービス収支は依然、大幅赤字から脱せずにいるためで、すでに昨年と比べ約3倍の格差がついている。

 韓国銀行が30日に明らかにしたところによると、年初から11月までの累計で商品収支は黒字521億500万ドル(約4兆7905億円)で、従来の最大黒字記録(1988年、416億6500万ドル)を塗り替えた。一方、1999年から11年間赤字が続くサービス収支は、年初から11月までの累積赤字が144億400万ドルと集計され、過去4番目の大規模赤字となった。

 このため、商品収支とサービス収支の差額は665億900万ドルとなり、関連統計始まって以来の開きを記録した。昨年通年の格差(223億4100万ドル)の約3倍に当たる。年間格差は1998年に406億4100万ドルを記録した後、2001年に173億6000万ドルまで縮まったが、2007年には再び479億3600万ドルまで拡大した。

 韓国銀行関係者は、12月の収支がまだ反映されていないものの、ことしは過去最大の格差を記録することは確実視されると話す。2つの収支の格差を解消するのは、当面は難しいとの見方だ。

 サービス収支の赤字は、事業サービスと旅行サービスが主因。事業サービスの年間赤字規模は、2006年の71億7300万ドルから、昨年は142億7900万ドルまで拡大した。ことしも11月までの累積で138億5000万ドルの赤字を計上しており、通年では昨年と同水準の赤字になる見通しだ。旅行サービスは業務旅行が黒字だったものの、業務外旅行で大幅の赤字を計上。4月以来8か月連続の赤字となっている。

2009/12/30 10:00配信  Copyright 2009(C)YONHAPNEWS. All rights reserved. 最終更新:2009/12/30 10:35


この記事が気に入ったら



コメント数ランキング

おすすめ情報
カンヌ大絶賛! 全国劇場大ヒット!! 『タクシー運転手』『1987、ある闘いの真実』に続く、実話に基づく衝撃作「工作 黒金星(ブラック・ヴィーナス) と呼ばれた男」2020年1月8日[水]BD/DVDリリース!

俳優 ソ・ジソブ ドラマプロモーションイベント開催決定!

”永遠のオッパ“こと俳優シン・ヒョンジュン、2019誕生日ファンミ開催決定

「Mnet Presents AICHI IMPACT!  2019 KPOP FESTIVAL」 <uP!!! ライブパス>で8/31(土)ステージを生配信!

ハ・ジョンウ、チュ・ジフンら韓国オールスターキャスト出演!  今まで誰も見たことがない冥界ファンタジー・アクション「神と共に 第一章:罪と罰」、「神と共に 第二章:因と縁」2019年11月6日[水]BD/DVDリリース!

韓国ドラマ・韓流ドラマ、韓国芸能情報のワウコリア
Copyright(C) 2004- 2019AISE Inc. All Rights Reserved. 

%>