ブーム続くマッコリ、ことし忘年会でも独壇場

wowKoreaトップ
wowKorea韓国一般ニュース
ブーム続くマッコリ、ことし忘年会でも独壇場
ブーム続くマッコリ、ことし忘年会でも独壇場

忘年会シーズンを迎え、売り上げが急増したマッコリ(資料写真)=(聯合ニュース)

【ソウル29日聯合ニュース】ことしの忘年会は、マッコリ(濁り酒)が人気を集めている。年初から本格化したマッコリブームが続くなか、アルコール度数の低い酒が好まれる傾向が強くなったことで、忘年会の主力となったようだ。

 関連業界が29日に明らかにしたところによると、忘年会シーズンが本格化した今月初めから24日までに、大手スーパー「Eマート」のマッコリ売り上げは前年同期比632.7%の急増を記録した。ビールは0.5%の増加にとどまり、焼酎は2.6%減、ウイスキーは4.8%減だった。

 家庭用酒類を販売するEマートのこうした実績に類似した状況が、酒類業者の出庫実績にも見られる。

 マッコリメーカーは類のない好況に沸いており、伝統酒製造の麹醇堂の場合、昨年12月のマッコリ販売量は3万5000本だったが、ことしは昨年比100倍の350万本を販売した。

 一方で、焼酎業者は、12月に入り焼酎販売量が昨年より8%ほど減少したと推定している。ウイスキー業者もことしウイスキー市場全体で約0.5%の減と判断している。

 焼酎業者関係者は、昨年12月は焼酎価格の値上がりを前に製品を確保しようという卸売商のため需要過多となり販売量が膨らんだとし、ことしはその反動で数値上で大幅の減少が見られたと説明している。
2009/12/29 11:03配信  Copyright 2009(C)YONHAPNEWS. All rights reserved. 最終更新:2009/12/29 16:18


この記事が気に入ったら



コメント数ランキング

おすすめ情報
「キム秘書はいったい、なぜ? 」Blu-ray&DVDリリース記念・パク・ソジュン インタビュー到着! 次の夢は「海外の作品にチャレンジすること」

カンヌ大絶賛! 全国劇場大ヒット!! 『タクシー運転手』『1987、ある闘いの真実』に続く、実話に基づく衝撃作「工作 黒金星(ブラック・ヴィーナス) と呼ばれた男」2020年1月8日[水]BD/DVDリリース!

俳優 ソ・ジソブ ドラマプロモーションイベント開催決定!

”永遠のオッパ“こと俳優シン・ヒョンジュン、2019誕生日ファンミ開催決定

「Mnet Presents AICHI IMPACT!  2019 KPOP FESTIVAL」 <uP!!! ライブパス>で8/31(土)ステージを生配信!

韓国ドラマ・韓流ドラマ、韓国芸能情報のワウコリア
Copyright(C) 2004- 2019AISE Inc. All Rights Reserved.