青瓦台が李健熙氏らの赦免を慎重に検討、与党関係者

wowKoreaトップ
wowKorea韓国一般ニュース
青瓦台が李健熙氏らの赦免を慎重に検討、与党関係者
青瓦台が李健熙氏らの赦免を慎重に検討、与党関係者

李健熙前会長。8月のワラント債低価発行事件の差し戻し審で、懲役3年、執行猶予5年、罰金1100億ウォンの判決を受けた=(聯合ニュース)

【ソウル23日聯合ニュース】青瓦台(大統領府)が李健熙(イ・ゴンヒ)前サムスングループ会長らに対する新年の特別赦免・復権を慎重に検討していると伝えられた。

 与党中核関係者が22日、聯合ニュースの電話取材に対し「最近李明博(イ・ミョンバク)大統領に、李前会長をはじめとする企業家を中心とする特別赦免関連報告が上がったと承知している」と明らかにした。平昌冬季五輪招致や財界の士気を考慮すると、国際オリンピック委員会(IOC)委員も務める李前会長の赦免の必要性を認めざるを得ないと述べた。

 ただ、李大統領は就任以来、暮らしに行き詰まった上での犯罪を除いては赦免に否定的な立場を堅持しているうえ、世論悪化の可能性なども念頭に置く必要があるため、慎重な立場だと説明した。

 一方、朴先圭(パク・ソンギュ)青瓦台報道官は同日の書面会見で「赦免の有無、幅、時期に関する決定はない」と、否定した。青瓦台民政ラインの中核関係者も「赦免があるかどうかはまったく確定していない。赦免権者の李大統領の決定が必要だが、まだ具体的に論じられたこともない」と話している。

japanese@yna.co.kr
2009/12/23 09:01配信  Copyright 2009(C)YONHAPNEWS. All rights reserved. 最終更新:2009/12/23 11:08


この記事が気に入ったら



コメント数ランキング


韓国ドラマ・韓流ドラマ、韓国芸能情報のワウコリア
Copyright(C) 2004- 2019AISE Inc. All Rights Reserved. 

%>