子供狙った性犯罪者の個人情報、来年からネット閲覧可

wowKoreaトップ
wowKorea韓国一般ニュース
子供狙った性犯罪者の個人情報、来年からネット閲覧可
【ソウル22日聯合ニュース】来年1月1日から20歳以上の成人は、児童や青少年を狙った性犯罪者の名前と年齢、住所と実際の居住地、写真、犯行内容などの個人情報をインターネット上で閲覧することができる。政府は22日の閣議で、こうした内容の青少年性保護法施行令改正案を議決した。
 情報閲覧用サイトは保健福祉家族部が運営する。閲覧希望者は住民登録番号と名前でログインし本人確認を済ませば、法発効以降に刑が確定した児童・青少年対象性犯罪者の個人情報を閲覧できる。閲覧期間は懲役3年以下の犯罪者については5年間、懲役3年を超す場合は10年間で、閲覧対象は13歳未満の子どもを狙った性暴力犯罪者と、19歳未満に対する性暴力犯罪者のうち再犯者とする。
 改正案はまた、情報公開による2次被害を防ぐため、これらの情報をメディアやネット上に流布した場合の処罰規定も設けた。
 ネットで性犯罪者の写真などを公開する制度を取るのは、世界では米国に次いで韓国が2番目となる。
japanese@yna.co.kr
2009/12/22 21:05配信  Copyright 2009(C)YONHAPNEWS. All rights reserved.


この記事が気に入ったら



コメント数ランキング


韓国ドラマ・韓流ドラマ、韓国芸能情報のワウコリア
Copyright(C) 2004- 2019AISE Inc. All Rights Reserved. 

%>