強制連行の証拠確保手助け、サイトで「同行者探し」

wowKoreaトップ
wowKorea韓国一般ニュース
強制連行の証拠確保手助け、サイトで「同行者探し」
【ソウル15日聯合ニュース】日帝強占下強制動員被害真相糾明(究明)委員会が16日から委員会ウェブサイトで、日本植民地時代に強制連行された際の「同行者探し」のページ運営を再開する。委員会が15日に明らかにした。

 「同行者探し」は、一緒に強制連行された兄弟や友人、隣人を探し出そうというもの。連行当時に撮影され、900人余りが映っている写真28枚をサイトで公開し、強制連行関連の被害判定を受けられずにいる人が新たに証拠や承認を確保できるよう手助けする。高齢者が利用しやすいよう、強制連行の形や年度、場所などだけを入力すれば、すぐに検索できるようになっている。

 このサービスは2008年に始まり、これまで2回、計3600人以上が映っていた写真97枚を公開した後、一時中断されていた。3回目の公開となる今回の28枚の写真は、家族が委員会に申告する際に提出したり、委員会が調査活動段階で収集したもの。

 委員会関係者は、一緒に強制連行された人を探し出すことで、強制連行の事実を立証する証拠資料がなく苦しんできた人たちの調査進行が可能になるものと期待を寄せている。

2009/12/15 15:02配信  Copyright 2009(C)YONHAPNEWS. All rights reserved. 最終更新:2009/12/15 15:47


この記事が気に入ったら



コメント数ランキング

おすすめ情報

俳優ヒョンビンが悪役に初挑戦! ソン・イェジン共演の心理サスペンス映画『ザ・ネゴシエーション』DVDが2/5より発売

「キム秘書はいったい、なぜ? 」Blu-ray&DVDリリース記念・パク・ソジュン インタビュー到着! 次の夢は「海外の作品にチャレンジすること」

カンヌ大絶賛! 全国劇場大ヒット!! 『タクシー運転手』『1987、ある闘いの真実』に続く、実話に基づく衝撃作「工作 黒金星(ブラック・ヴィーナス) と呼ばれた男」2020年1月8日[水]BD/DVDリリース!

俳優 ソ・ジソブ ドラマプロモーションイベント開催決定!

韓国ドラマ・韓流ドラマ、韓国芸能情報のワウコリア
Copyright(C) 2004- 2019AISE Inc. All Rights Reserved.