「統計で見る大韓民国」、統計庁が解説書を発刊

韓国ドラマ・韓流ドラマのWoWKoreaトップ
韓国ドラマ・韓流ドラマのWoWKorea韓国一般ニュース
「統計で見る大韓民国」、統計庁が解説書を発刊
【ソウル14日聯合ニュース】統計庁は14日、1940年代から2008年までにわたる韓国の変化を統計指標で示した解説書「統計で見る大韓民国」を発刊した。

 それによると、国土は積極的な干拓事業の結果、1949年の9万3634平方キロメートルから昨年は9万9828平方キロメートルと、6.6%(6194平方キロメートル)増加した。昨年の全国の平均気温は13.3度で、1970年代より0.9度上昇した。

 1960年代に比べ75歳以上の高齢者は17倍増加し、寿命は男性が25年、女性が29年、それぞれ伸びた。昨年の出生率は1.19人で、世界最低水準を記録した。女性が年上の夫婦が増え、外国人との婚姻は2005年まで急増していたが、停滞期に入っている。

 昨年の消費者物価は1965年の31.3倍、生産者物価は18.5倍となり、ジャージャーめんの値段は35ウォンから3773ウォンと、108倍に達した。家計では昨年は世帯主所得の割合が減少した半面、世帯員所得の割合は1963年の2倍以上に上昇した。外食費は38倍、交通通信費は7倍以上増えた。

 昨年の国内総生産(GDP)は、1970年の370倍に達した。1人当たり国民総所得(GNI)は1970年の254ドルから、昨年は1万9231ドルに急増した。同じ期間に韓国の経済規模は世界33位から14位に上昇した。

 昨年の電気・電子製品の輸出額は1980年の2倍、電子部品は100倍に増えた。自動車生産台数は1970年の132倍に拡大し、世界5位の自動車生産国に浮上した。海外建設受注額は42年間で4330倍に増加した。

 昨年の超高速インターネットサービス加入者は、人口100人当たり31.8人で世界7位を記録。インターネット利用者数は3500万人を超え、人口100人当たり77人となった。電子商取引とインターネットショッピングモールは2001年以降、年平均26.7%と27.3%の成長を遂げた。

 原油導入量は2007年から減少し、原油の中東依存度は昨年86.3%に達した。エネルギー輸入額のうち60.7%を原油が占めている。昨年のエネルギー総消費量は世界9位、1人当たり消費量は15位、二酸化炭素排出量は9位だった。

2009年12月14日19時4分配信 (C)WoW!Korea


この記事が気に入ったら



コメント数ランキング


韓国ドラマ・韓流ドラマ、韓国芸能情報のワウコリア
Copyright(C) 2004- 2019AISE Inc. All Rights Reserved.