国内携帯電話市場、処理速度1ギガヘルツ時代に

wowKoreaトップ
wowKorea韓国一般ニュース
国内携帯電話市場、処理速度1ギガヘルツ時代に
国内携帯電話市場、処理速度1ギガヘルツ時代に

スナップドラゴンを搭載したLG電子のスマートフォン「eXpo」(提供写真)=(聯合ニュース)

【ソウル9日聯合ニュース】携帯電話業界が9日に明らかにしたところによると、LG電子が来年初め、国内で初めて米クアルコムの最新チップセットプラットフォーム「スナップドラゴン」を採用した携帯電話端末機をリリースする。スナップドラゴンは現在の携帯電話プロセサ最速の処理速度1ギガヘルツを誇る。

 この端末機は、スマートフォンではなく一般の3.5インチフルタッチパネルモデル。無線LAN、3.5ミリ径イヤホンジャック、ブルートゥースなど一般的携帯電話に搭載可能なすべての機能を備えた。

 これに先立ち同社は、今週初めに米国市場でスナップドラゴンを搭載したスマートフォン「eXpo」を発売している。

 一方、パンテック系列の携帯電話ブランド「スカイ」も、来年第2四半期にリリースする初のスマートフォンにスナップドラゴンを搭載する計画だ。3.7インチアクティブマトリックス式有機EL(AMOLED)で、基本ソフト(OS)には米グーグルの「アンドロイド」を採用、無線LAN、GPS、DivXプレイヤーなどの機能を支援する。同社はこれを皮切りに、来年は5~6モデルでスナップドラゴンを搭載する考えだ。

 サムスン電子も、処理速度1ギガヘルツの製品を来年中に発売する計画だ。他メーカーとは異なり、スナップドラゴン以外にも独自に開発したモバイルCPUを搭載する製品を準備中だと伝えられる。

 同社は9月に台湾で開催したモバイル関連フォーラムで、英ARMの最新コア「コアテックス-A8」基盤の低電力工程を適用し、電力消耗を抑えながら1ギガヘルツのクラックスピードを実現したモバイルCPUを発表している。特に、業界で初めてフルHD(ハイビジョン)級の高解像度動画の録画と再生が可能なハードウェアコーデックを搭載し、携帯電話のマルチメディア機能を大幅に強化するものと期待されている。

 このほか、ソニー・エリクソンもスナップドラゴン搭載スマートフォンの国内リリースを検討中だと伝えられる。国内携帯電話市場の速度競争は今後さらに過熱しそうだ。

2009/12/09 10:04配信  Copyright 2009(C)YONHAPNEWS. All rights reserved. 最終更新:2009/12/09 11:07


この記事が気に入ったら



コメント数ランキング

おすすめ情報
「キム秘書はいったい、なぜ? 」Blu-ray&DVDリリース記念・パク・ソジュン インタビュー到着! 次の夢は「海外の作品にチャレンジすること」

カンヌ大絶賛! 全国劇場大ヒット!! 『タクシー運転手』『1987、ある闘いの真実』に続く、実話に基づく衝撃作「工作 黒金星(ブラック・ヴィーナス) と呼ばれた男」2020年1月8日[水]BD/DVDリリース!

俳優 ソ・ジソブ ドラマプロモーションイベント開催決定!

”永遠のオッパ“こと俳優シン・ヒョンジュン、2019誕生日ファンミ開催決定

「Mnet Presents AICHI IMPACT!  2019 KPOP FESTIVAL」 <uP!!! ライブパス>で8/31(土)ステージを生配信!

韓国ドラマ・韓流ドラマ、韓国芸能情報のワウコリア
Copyright(C) 2004- 2019AISE Inc. All Rights Reserved.