釜山・射撃場火災、日本人犠牲者の遺体あす帰国

韓国ドラマ・韓流ドラマのWoWKoreaトップ
韓国ドラマ・韓流ドラマのWoWKorea韓国一般ニュース
釜山・射撃場火災、日本人犠牲者の遺体あす帰国
釜山・射撃場火災、日本人犠牲者の遺体あす帰国

公開された事故現場=18日、釜山(聯合ニュース)

【釜山18日聯合ニュース】釜山・室内実弾射撃場の火災で亡くなった日本人観光客7人の遺体が、19日午後に日本に帰国する。

 釜山市の災難(災害)安全対策本部は18日の記者会見で、日本人犠牲者6人の遺体が19日午後5時50分金海空港発福岡空港行きの便で日本に運搬されると明らかにした。

 航空機は当初予定していた180席クラスから290席クラスに変更し、遺族ら約30人、犠牲者の大半が暮らしていた長崎県の職員、日本領事館職員、釜山市のキム・ヒョンヤン文化体育観光局長をはじめとする市職員3人が同乗する。許南植(ホ・ナムシク)市長は空港で見送る。

 残る犠牲者1人は宮崎県の出身のため、遺族が宮崎空港行きの便を要請し、協議中だという。ただ、対策本部は、同じ航空機に乗らざるを得ないのではと話している。

 遺体の運搬にかかる費用は、釜山市が予備費から支出し、追って原因究明で判明した加害者に求償権を請求する計画だ。

2009年11月18日16時3分配信 (C)WoW!Korea


この記事が気に入ったら



コメント数ランキング


韓国ドラマ・韓流ドラマ、韓国芸能情報のワウコリア
Copyright(C) 2004- 2019AISE Inc. All Rights Reserved.