黄海上交戦受け、李大統領が緊急安保閣僚会議招集

韓国ドラマ・韓流ドラマのWoWKoreaトップ
韓国ドラマ・韓流ドラマのWoWKorea韓国一般ニュース
黄海上交戦受け、李大統領が緊急安保閣僚会議招集
黄海上交戦受け、李大統領が緊急安保閣僚会議招集
緊急安保関係長官会議の内容を説明する朴先圭報道官=10日、ソウル(聯合ニュース)
【ソウル10日聯合ニュース】李明博(イ・ミョンバク)大統領は10日午前に黄海上で南北海軍交戦が発生したことを受け、午後1時30分に緊急安保関係長官会議を招集、状況報告を受け対応を論議した。青瓦台(大統領府)の朴先圭(パク・ソンギュ)報道官が伝えた。

 李大統領は、チリ、ペルーとの首脳会談関連の報告を受けていた途中、午前11時45分に金星煥(キム・ソンファン)外交安保首席秘書官から黄海交戦の報告を受け、ただちに会議を招集するよう指示した。また、国防部の金泰栄(キム・テヨン)長官に電話をかけ、国民が不安に感じないよう安保態勢強化に万全を期すよう命じるとともに、状況が悪化しないよう、落ち着いて毅然(きぜん)として対応するよう指示した。

 会議では、北朝鮮警備艇の北方限界線(NLL)侵犯は偶発か故意かを分析し、今後の南北関係に及ぼす影響を話し合ったと伝えられた。特に、今回の事態に政府レベルでどのような水準の公式反応を出すかについて論議したという。

 ある出席者は、北朝鮮指導部が初めから計画していたこととは見難いが、現場で北朝鮮警備艇が韓国側に向け数十発の照準射撃を行っていることから、「(挑発の)意図を排除することはできない」という暫定結論を下したと話した。

2009年11月10日16時1分配信 (C)WoW!Korea


この記事が気に入ったら



コメント数ランキング


韓国ドラマ・韓流ドラマ、韓国芸能情報のワウコリア
Copyright(C) 2004- 2019AISE Inc. All Rights Reserved.