韓国開発研究院長、金融不安再燃の可能性を指摘

wowKoreaトップ
wowKorea韓国一般ニュース
韓国開発研究院長、金融不安再燃の可能性を指摘
【ソウル30日聯合ニュース】国策研究機関の韓国開発研究院の玄オ錫(ヒョン・オソク)院長は30日、金融不安再燃の可能性があるとし、「短期的な景気不振を未練がましく考えず、中長期的な観点で構造調整に乗り出すべき」と強調した。ソウル市内で開かれた先進化フォーラム月例討論会でテーマ発表を行った。

 玄院長は、金融システムの安定を維持する範囲内で、経営不振企業に対する負債構造調整を並行する必要があると述べた。銀行が保有する不良債権の整理を促すと同時に、これを消化できる「バッドバンク」を活性化すべきだとしている。銀行の道徳的危険と監督当局の規制猶予などで不振が表面化せず累積されるリスクを警戒しなければならないと強調した。

 経済見通しについては、「世界的な金融危機と景気低迷は韓国経済に極めて大きな負担を与え、輸出鈍化も相当期間続くだろう」と述べた。金融不安再燃の可能性や景気浮揚効果の不確実性など、下振れリスクがあると指摘している。一方、経常収支は輸入価格の急落や為替相場効果により、200億ドル(1兆9550億円)程度の黒字を予想した。これは韓国銀行の予想額180億ドルと企画財政部の160億ドルを多少上回る。
2009/04/30 10:01配信  Copyright 2009(C)YONHAPNEWS. All rights reserved. 最終更新:2009/04/30 10:50


この記事が気に入ったら



コメント数ランキング


韓国ドラマ・韓流ドラマ、韓国芸能情報のワウコリア
Copyright(C) 2004- 2020AISE Inc. All Rights Reserved.