韓国デフレの可能性は希薄、IMFリスク評価

韓国ドラマ・韓流ドラマのWoWKoreaトップ
韓国ドラマ・韓流ドラマのWoWKorea韓国一般ニュース
韓国デフレの可能性は希薄、IMFリスク評価
【ソウル30日聯合ニュース】韓国経済がデフレに陥る可能性はほとんどないとの見通しが出された。企画財政部などが30日に明らかにしたところによると、国際通貨基金(IMF)は先ごろ、デフレ・リスク見通しの報告で、ことし第4四半期の韓国のデフレ・リスク指数を0.14と予測した。調査対象の主要36カ国・地域中、スペインと並び30位だった。36カ国のなかで6番目にデフレ・リスクに対し安全だという意味だ。

 この指数は1に近付くほどデフレに陥る可能性が高いと評価される。デフレは物価上昇率がマイナスを示した状態で、長期不況と認識され、経済主体の心理的不安を深める。一般的に資産価格の下落を伴い、経済に打撃を与える。



 米国発金融危機が襲った昨年第4四半期の韓国のデフレ・リスク指数は0.29で、36カ国中17位まで達したことを考慮すると、IMFの今回の見通しは、ことしの韓国経済は下半期にいくほど安定を取り戻すという意味と解釈できる。また、通貨危機が発生した1998年第4四半期の韓国のデフレ・リスク指数は0.36、36カ国中8位という経済破たん状態だった。ことしの韓国の状況は、当時のように急迫してはいないとIMFが判断していることになる。



 ことし第4四半期の主要36カ国のデフレ・リスク指数は、平均0.34と予測された。インド、チリ、ブラジルは0でデフレの可能性はまったくない見通し。ポーランド(33位、0.08)、英国(32位、0.13)、韓国とスペイン(30位、0.14)と続いた。



 一方、調査対象36カ国・地域のうちデフレ・リスクが最も高いと評価されたのは日本で、0.71だった。韓国に比べ5倍以上高い数値だ。このほか、米国(2位、0.53)、台湾(3位、0.47)、ノルウェー(4位、0.46)、スウェーデン(4位、0.46)、フィンランド(6位、0.43)なども高かった。



2009年3月30日11時22分配信 (C)WoW!Korea


この記事が気に入ったら


韓国ドラマ・韓流ドラマ、韓国芸能情報のワウコリア
Copyright(C) 2004- 2018AISE Inc. All Rights Reserved.