鄭夢準議員遊説時発言で罰金刑、議員職は維持

wowKoreaトップ
wowKorea韓国一般ニュース
鄭夢準議員遊説時発言で罰金刑、議員職は維持
鄭夢準議員遊説時発言で罰金刑、議員職は維持

出廷した鄭夢準議員=17日、ソウル(聯合ニュース)

【ソウル17日聯合ニュース】ハンナラ党鄭夢準(チョン・モンジュン)議員の国会議員総選挙での遊説内容について、虚偽事実公表に該当するとの判決が下された。

 鄭議員は昨年の総選挙当時、呉世勲(オ・セフン)ソウル市長が銅雀区を新たにニュータウンに指定することに快く同意したと発言。虚偽事実を公表した疑い(公職選挙法違反)で起訴されていた。ソウル中央地裁は17日、鄭議員に80万ウォン(約5万6000円)の罰金刑を言い渡した。

 公職選挙法違反で100万ウォン以上の罰金刑または懲役刑が宣告されると、当選が無効になる。鄭議員は今回の刑が確定すれば議員職を維持できる。

 裁判部は、当時、選挙区民はニュータウン指定に高い関心を持っており、呉市長はニュータウン追加指定に留保的な立場を示していた。こうした状況から、「呉市長が快く同意した」との鄭議員の発言は、候補者に対する判断を誤りかねない虚偽事実に該当すると説明した。また、呉市長との対話内容や雰囲気、被告人の政治経歴などから、鄭議員は呉市長の発言が儀礼的ものにすぎず、ニュータウン追加指定の同意ではないことを認識していたはずと判断、公訴事実をすべて有罪として認めた。ただ、発言は原稿のない演説中に出たもので計画的とは言えず、他候補者との得票差が大きかったことなどを考慮しても、当選無効刑の宣告は厳しすぎると、量刑理由を説明した。

 鄭議員は昨年3月27日、第18代国会議員総選挙を前にソウル・舎堂駅前で遊説を行い、呉市長が銅雀・舎堂洞ニュータウン追加指定に快く同意したと虚偽事実を公表した疑いで、今年1月20日に在宅のまま起訴された。検察は当初「誇張部分はあるものの呉市長が全般的にニュータウン指定に同意したとみることもできる」とし、鄭議員を嫌疑なしとしたが、民主党が提出した裁定申請を裁判所が1月5日に受け付けた。

2009/03/17 17:36配信  Copyright 2009(C)YONHAPNEWS. All rights reserved.


この記事が気に入ったら



コメント数ランキング

おすすめ情報
「キム秘書はいったい、なぜ? 」Blu-ray&DVDリリース記念・パク・ソジュン インタビュー到着! 次の夢は「海外の作品にチャレンジすること」

カンヌ大絶賛! 全国劇場大ヒット!! 『タクシー運転手』『1987、ある闘いの真実』に続く、実話に基づく衝撃作「工作 黒金星(ブラック・ヴィーナス) と呼ばれた男」2020年1月8日[水]BD/DVDリリース!

俳優 ソ・ジソブ ドラマプロモーションイベント開催決定!

”永遠のオッパ“こと俳優シン・ヒョンジュン、2019誕生日ファンミ開催決定

「Mnet Presents AICHI IMPACT!  2019 KPOP FESTIVAL」 <uP!!! ライブパス>で8/31(土)ステージを生配信!

韓国ドラマ・韓流ドラマ、韓国芸能情報のワウコリア
Copyright(C) 2004- 2019AISE Inc. All Rights Reserved.