経済界でワークシェア広がる、企業も新規採用へ動き

wowKoreaトップ
wowKorea韓国一般ニュース
経済界でワークシェア広がる、企業も新規採用へ動き
【ソウル8日聯合ニュース】賃金削減などの苦痛分担を通じ人員削減を抑え、若者を1人でも多く採用しようというワークウェアリングの動きが、経済界全体に急速に広がっている。当初は年間人員計画の発表を避けていた企業側も正規雇用やインターン採用に乗り出している。ただ、質と量ともに満足できる水準には及ばず、雇用拡大を期待するには限界との見方もある。

 経済界が8日に明らかにしたところによると、主要企業では年初から賃金の引き下げまたは凍結宣言が相次いでいる。サムスン電子は1月に経営陣と役員が今年の年俸を2割前後削減し、利益分配(PS)も専務級以上は全額、常務級は3割自主返納した。最近では労使協議会の結果、全社員の賃金を凍結し、PSの上限を年俸50%から30%に、生産性向上奨励金(PI)も月基本給300%から200%に引き下げた。

 LG電子も今月6日に終えた賃金・団体協約更新交渉で、今年の賃金凍結に合意した。

 現代・起亜自動車グループは役員が給与を1割ずつ自主的に減らす一方、課長級以上の管理職の賃金を据え置きにした。現代重工業の場合は、大企業では初めて副会長と社長の2人が賃金を全額返上し注目される。

 SKグループは役員と社外理事が年俸の1~2割と成果給の一部を会社に返し、ポスコとハンファグループ、現代百貨店とその系列会社、STXグループなどの社長団や役員らも年俸の1~2割を自主削減あるいは返納を決めている。

 採用状況をみると、こうした賃金削減・凍結による財政余力を就職難の若者の働く機会に充てる動きが現れ始めている。

 サムスン電子などサムスングループ10社余りは、上半期の新入社員を公募する採用サイトを6日に開いた。会社側は前年ほどの規模は無理だが、当初の計画よりは多少増えると話す。同グループは昨年7500人、2007年は6750人、2006年は8500人程度を採用した。

 LGグループも大卒者4000人、機能職2000人という新規採用計画を確定した。大卒者は3000人を計画していたが、社会的責任を考慮し1000人増やしたという。その財源として、役員年俸を基本給基準で1~3割削減し、大卒新入社員の初任給も5~15%減らす方針だ。また、CJグループは13日から上半期の新入社員とインターン採用を始める。

 ポスコグループも16の系列会社でインターン募集に入った。ポスコは年間1600人を採用するが、これに要する100億ウォンには役員報酬の返納分と新入社員の初任給引き下げ分を回す。さらに今月中に正規雇用の新入社員の採用公告も出すことを検討している。

 SKグループはインターン採用1800人を計画、現代・起亜自グループも大卒インターン1000人を追加採用するほか、グローバル青年ボランティア1000人を海外に派遣する。

 しかし、企業としては、世界的な不況からの脱出口模索と同時に雇用保護・創出という社会的責任を負うことになり、悩みは深い。ある企業関係者は「賃金削減による士気低下や採用拡大によるコスト上昇など、ワークシェアリングのマイナス影響も出ている。しかし、経済界の流れのため従うしかないという面がある」と打ち明けた。
2009/03/08 18:41配信  Copyright 2009(C)YONHAPNEWS. All rights reserved.


この記事が気に入ったら



コメント数ランキング

おすすめ情報
「キム秘書はいったい、なぜ? 」Blu-ray&DVDリリース記念・パク・ソジュン インタビュー到着! 次の夢は「海外の作品にチャレンジすること」

カンヌ大絶賛! 全国劇場大ヒット!! 『タクシー運転手』『1987、ある闘いの真実』に続く、実話に基づく衝撃作「工作 黒金星(ブラック・ヴィーナス) と呼ばれた男」2020年1月8日[水]BD/DVDリリース!

俳優 ソ・ジソブ ドラマプロモーションイベント開催決定!

”永遠のオッパ“こと俳優シン・ヒョンジュン、2019誕生日ファンミ開催決定

「Mnet Presents AICHI IMPACT!  2019 KPOP FESTIVAL」 <uP!!! ライブパス>で8/31(土)ステージを生配信!

韓国ドラマ・韓流ドラマ、韓国芸能情報のワウコリア
Copyright(C) 2004- 2019AISE Inc. All Rights Reserved.