劇場での年間映画鑑賞本数、10年で約2倍に

wowKoreaトップ
wowKorea韓国一般ニュース
劇場での年間映画鑑賞本数、10年で約2倍に
【ソウル6日聯合ニュース】1年間に映画館で鑑賞する映画の本数が、この10年で約2倍に増えた。

 映画振興委員会が6日、1999年から2008年まで毎年実施してきた映画観客傾向調査の結果を比較・分析した報告書を発表した。それによると、1999年に全消費者が映画館で見た映画の本数は平均4.0本だったが、昨年は10.4本と2.6倍伸びた。1年に一度でも映画館を訪れた人だけで考えても、6.3本から11.4本へと1.8倍だ。年に一度でも映画館で鑑賞した人の割合は、1999年の62.6%から、昨年は28.9ポイント上昇の91.5%に達した。

 鑑賞した映画のジャンルを見ると、この10年は全般的にアクションを好む傾向が高いが、選好度は1999年の37.1%から2008年には27.6%に下がった。コメディーは2001年から2005年まで20~30%台を維持していたのが、昨年は5.9%に落ち込んでいる。その一方でSFやファンタジーを好む人の割合は9.4%から11.2%に伸びた。

 韓国映画に対する選好度は昨年は39.9%で、1999年の36.5%から小幅上昇したが、2003年の48.5%に比べると低い。米映画の選好度は40.8%から50.1%に拡大した。

 性別では、10年平均で男性(6.8本)より女性(7.7本)のほうが若干多く見ている。年齢層としては24~29歳(10.7本)と19~23歳(10.4本)が最も多く見ていることが分かった。

2009/03/06 15:31配信  Copyright 2009(C)YONHAPNEWS. All rights reserved.


この記事が気に入ったら



コメント数ランキング

おすすめ情報
「キム秘書はいったい、なぜ? 」Blu-ray&DVDリリース記念・パク・ソジュン インタビュー到着! 次の夢は「海外の作品にチャレンジすること」

カンヌ大絶賛! 全国劇場大ヒット!! 『タクシー運転手』『1987、ある闘いの真実』に続く、実話に基づく衝撃作「工作 黒金星(ブラック・ヴィーナス) と呼ばれた男」2020年1月8日[水]BD/DVDリリース!

俳優 ソ・ジソブ ドラマプロモーションイベント開催決定!

”永遠のオッパ“こと俳優シン・ヒョンジュン、2019誕生日ファンミ開催決定

「Mnet Presents AICHI IMPACT!  2019 KPOP FESTIVAL」 <uP!!! ライブパス>で8/31(土)ステージを生配信!

韓国ドラマ・韓流ドラマ、韓国芸能情報のワウコリア
Copyright(C) 2004- 2019AISE Inc. All Rights Reserved.